管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 見よ!これが我らの妄想力
 日本がドクト(日本固有の領土竹島のこと)を言うなら、ウリナラは対馬だ。対馬は韓国領土だ!!・・最近、こういった主張(100%妄想ですが)韓国で急速に台頭してきております。ケンカをするときに、相手よりも大きな声を出して、より大きなことを言う。これは欲しいものを手に入れる時の彼らの常套手段でございます。

 今の段階では、対馬のことを言われるのは嫌だろう?だったらドクトのことを言うな!といった意味合いで叫ばれているわけですが、ネットを巡回していたところ、対馬に関しての韓国人の意識調査を扱った新聞記事があったので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧ください。(文化日報から以下引用※韓国語)

「日本への対馬島返還要求に賛成」 50.6%

今月14日に日本が「社会科教科書学習指導要領解説書」への独島領有権明記を強行して以降、韓日関係が破局へ走り上げている。こうした中、21日に許泰烈(ホ・テヨル)、鄭甲潤(チョン・ガビュン)議員など与野党議員50人が発議した「対馬島(テマド)が大韓民国の領土であることの確認と返還要求に関する決議案」に対して、回答者の半分が賛成しているという世論調査結果が出て、注目される。

世論調査専門機関リアルメーター社が今月22・23日、全国の19歳以上の成人男女700人を対象に実施した電話世論調査の結果、「対馬島返還要求決議案」に賛成するという意見が50.6%に達した。「対馬島返還主張は行き過ぎであるから反対だ」という意見は33.5%で、賛成意見より17.1ポイント少なかった

政党別では、創造韓国党の支持者の77.3%が賛成して「対馬島返還要求決議案」に圧倒的支持を見せたほか、自由先進党(54.0%)、民主党(51.3%)、民主労動党(51.2%)、ハンナラ党(49.8%)の支持者たちは過半数ないし半数近くの回答者が肯定的な意見を表示した。一方、親朴連帯(賛成32.5%、反対38.5%)と進歩新党(賛成45.6%、反対48.9%)の支持層では反対意見が賛成意見より多かった。

地域別では、大邱・慶尚北道地域の回答者の58.0%が賛成の意思を表明していて「対馬島返還の声」が一番大きく、釜山・慶尚南道(57.2%)、全羅北道(56.1%)などがその後に続いた。それ以外の地域でも賛成意見が優勢だったが、大田・忠清道(反対 47.8%)地域だけは反対意見が多いという調査結果となった。

男女別では、男性(55.9%)が女性(45.0%)よりも賛成意見が10.9ポイント高く、また年齢別では40代(57.2%)、50代以上(51.6%)、30代(49.8%)の順で対馬島返還要求決議案に対する賛成意見が高かった。これに対して20代(賛成42.2%、反対42.7%)では賛否の意見の差が1%以内で拮抗した。この調査は信頼水準95%、標本誤差は±3.7%ポイントだ。


 うーん・・思ったよりも病状の進行が早いですね。いくらなんでも対馬が韓国領土ということは無いってのは、文字通り本当に誰の目にも明らかなので、さ・す・がの韓国でも白を黒と言い換えるのに、相当の時間を要するだろうと考えていたのですが、既に50%以上が対馬を韓国領土と信じ、返還要求に賛成ですか。いやはや、何かにつけ思うことですが、やっぱり韓国というのは斜め上の国ですね。

 まあ、マスコミや政治家が先を争うように強硬論をブチ上げ、つしま対馬ツシマ~と連呼していて、何と韓国随一の高級紙である朝鮮日報までが『「対馬は韓国領」説に歴史的根拠あり(朝鮮日報)』などと煽っているので、むべなるかなという感じではありますが、ほぼ100%の韓国人が竹島と同じように、対馬は韓国領土であると『信じ込む』のは、そう遠くない話になりそうです。

 2、3年後には、対馬を返還しろ!という要求はもちろん、教科書に対馬を日本領土として記載するのは許せない!削除しろ!とか抜かす輩が絶対に出てくると断言しても良いですが(笑)、また面倒くさいことになりそうですね。そうなる前に、ビザ免除の撤回や外国人参政権付与の動きを封じとかないと、大変なことになりそうな気がしてなりませんが、鈍感な政府や政治家どもは、そんなことに思いも至らないんでしょうね。やれやれ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。