管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
非核化を話し合って核保有容認って何だ??
 最近、またしても勃発した竹島を巡る騒動にかかりっきりになっている当ブログ。本日はお題を変えまして、同じ朝鮮半島のことではありますが、北朝鮮問題を取り上げてみたいと思います。先日、米国による対北朝鮮テロ支援国家指定の解除を受けて、シンガポールで6者協議が開催されております。

 何かで合意しては、北朝鮮が横紙破りの新たな要求を突きつける、また妙なことを言い出して振り出しに戻る・・が繰り返され、いつもいつもグダグダの展開になる6者協議ですが、またぞろ同じような展開になっているようです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)


6カ国外相会合:北朝鮮「核保有国として認めよ」
柳外相「北は金剛山銃撃事件での調査に協力すべき」

北朝鮮は23日、「核保有国」としての地位を認めるよう要求した。また核問題解決に向けたプロセスにおいて最大の懸案となっている検証体制の構築について「“義務”ではなく“協力”だ」との考えを表明した。

 北朝鮮の朴義春(パク・ウィチュン)外相はこの日、シンガポールのシャングリラホテルで開催された非公式の6カ国外相会合に出席し、「米国はもう少し根本的な次元で北朝鮮に対する敵対政策を撤回すべきだ」としてこのような発言を行ったという。

 外交消息筋は「北朝鮮は6カ国協議で“検証に協力するには韓国の核開発プログラムについても検証が必要”と主張している。また、自分たちを核保有国として認めることも強く要求している」と語った。北朝鮮が先月提出した核開発の申告書についても、「朝鮮民主主義人民共和国は名実共に核保有国として」という文言から始まっていた、とこの消息筋は明らかにした。

 1時間ほど続いたこの日の会合には、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官、米国のライス国務長官、中国の楊潔チ外相、日本の高村外相、ロシアのラブロフ外相らが出席した。

 柳長官は会場隣の待機室で北朝鮮の朴外相と個別に会談を行い、「金剛山銃撃事件」の真相究明に向けて北朝鮮側も協力すべき、との考えを伝えたという。韓国政府の関係者は「南北の懸案についてこちらの考えはしっかりと伝えた」と述べた。

シンガポール=任敏赫(イム・ミンヒョク)記者


 うーん・・調子に乗りまくってますねえ。核保有国として認めろ!ですか。これは昨年にも同じようなことを言っていたので(関連エントリー参照)、特に驚くことはありませんが、かなりギリギリまで追い詰められていた昨年とは違って、今の北朝鮮には余裕がある。なぜなら米国が態度を軟化させたから。グイグイ押し込めば行けると踏んだということでしょうか。

 朝鮮半島の非核化を話し合うはずの6者協議で、しかも問題そのものと言ってよい北朝鮮が核保有を認めろ!と主張し、それを万が一にも参加国が認めるようなことになれば・・これは後世、とてつもなく酷い冗談のような本当の話として歴史に残るでしょう。日本は自身の核武装のことも考えなければならなくなるので、まず乗ることはないでしょうが、他の国はどうですかねえ。

 問題になってくるのは米国ですが、あの国はいざとなれば6者協議なんぞ無視して、北朝鮮との2国間協議で核保有の『黙認』くらいはやりかねない。そうとなれば、私を含めて日米関係を最重要として考えてきた日本人の多くは、関係そのものを再考することになるでしょうし、今は多数を占める核武装反対(無用)論者も、感情的反対の人を除いて考えを改めることになるかもしれない。

 功を焦っているために木を見て森を見ずになっているということなのか、世界的な戦略転換の一環として極東から手を引きたいということなのか、それともまたぞろ日本と事を構えたいということなのか、その辺はよく知りませんが、米国はよくよく考えて行動する必要がありますよ。日本人は注視している。米国がわが国の同盟国として相応しい相手なのかどうかを。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:キ印の北朝鮮『核保有国として認めろ!』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。