管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹島 幸せだなあ素晴らしい政府をもって(棒
 日本固有の領土である竹島。この事実をそのまんま教科書に記述する・・何処からどう見てもおかしなところはない話でありますが、これまでの教科書には記述がなかった。ということで、少し前の『普通の国』になりかけていた時期に、記述をしましょうということになったものの、またぞろ『おかしな国』に戻ってしまった現在、韓国への配慮とかいうわけのわからない理由で、揺れに揺れているわが政府。

 昨日、政府は、この問題をどうするのか発表しました。そのまんま記述するのか、または韓国に配慮して記述を見送るのか、はたまた旧来型の政治家が大好きな『とりあえず間を取る』ことにしたのか、こちらをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

新学習指導要領解説書に竹島問題 文科省が発表

 文部科学省は14日、2012年度から本格実施される中学校の新学習指導要領の社会科の解説書で、日本が抱える領土問題例として、竹島(韓国名・独島)問題について触れると発表した。都道府県教育委員会向けの説明会でも解説書について説明する。政府の公式見解を教育現場でも徹底するのが狙い。

 具体的には「我が国と韓国の間に竹島を巡って主張に相違があることなどにも触れ、北方領土と同様に我が国の領土・領域について理解を深めさせることも必要」との解説を盛り、明記見送りを求めていた韓国側への配慮もにじませた形だ。

 ただ、韓国側は北海道洞爺湖サミットでも李明博大統領が福田康夫首相に「深刻な憂慮」を伝え、韓国国会も明記に反対する決議を採択したばかりで、反発は必至だ。 (16:06)


 はい。3番目の『とりあえず間を取る』ことにしたようですね。実に意味不明です。要は現場に丸投げしたということでよろしいか?これ。全く根性のない話ですねえ情けない。泥棒に配慮する人って本当にいるんですね。まあ政府にとっては、記述するならハッキリ記述する、しないならしないで見送った方が良かったと思える結果になる・・と、ここで明言しておきましょうか。

 本来であれば、事実をそのまんま記述すると決めた段階で、もう後には引けなかったはずです。規定路線で行けば、実はこの後に起きる面倒は最小で済むんですが、政府の中には気付く人がいなかったようで残念でなりません。ほら、さっそく配慮の成果が出てきてますよっと。こちらをどうぞ。(産経新聞から以下引用)

駐日韓国大使が帰国へ 竹島明記「深い失望」
2008.7.14 17:29

 韓国大統領府は14日、日本が新中学校学習指導要領の社会科解説書に竹島(韓国名・独島)の領有権明記を決めたことについて「深い失望と遺憾」を表明した。外交通商省報道官は記者会見で、竹島を日本の領土と明記したことに強く抗議するとし、権哲賢・駐日韓国大使を一時帰国させると述べた。

 李明博大統領は、この問題について「領土の主権問題なので厳しく対処せよ」と関係部署に指示した。(共同)


 あれれ?配慮したのに駐日大使召還ですって。おかしいですねえ?しかも李大統領じきじきの指示だそうですよ?政府の中の人は、どう考えてるんでしょうねえ。というかですね、今回の『配慮』は日本人である私でも意味がよく分からないのに、外国人それも思い込み(日本への)の激しい韓国方面の人に理解できるわけがなかろうが。現時点では、竹島は日本固有の領土であると明記したと同等に扱われますよ、向こうでは。

 これで晴れて李大統領は、待ってましたとばかりに反日に舵を切ります。政府としては、韓国に騒いで欲しくないから『配慮』したんでしょうが、それは今回は見送ると言った場合のみ通用する話。あんた方の配慮とやらには目もくれずに、反日一直線を突っ走ることになるでしょう。今度は『教科書に竹島のたの字が出ていることも許さん!謝罪しろ撤回しろ!』などとハードルを上げてくるのは間違いない。

 で、これとは別に面倒が起きることも予想されます。騒動が一段落したら、彼らは今まで目もくれなかった配慮の部分に光をあて、『どうして固有の領土と明記できないんだ?自分達でも正当性がないと思ってるんじゃないのか。やっぱりドクト(竹島のこと)は韓国領土だ!』とか言い出すに決まってます。今回の日本政府の措置は、百害あって一利なしの典型でしょう。全く余計なことをしてくれたもんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。