管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
笑止!加藤紘一が『日本人の誇りを大切に』だとよ
 日本に帰国した拉致被害者は、北朝鮮に戻すべきであった・・こんなことを言って、日本国民の怒りを買った自民党の加藤紘一氏。媚中派の頂点ともいえる日中友好協会の会長に就任したことで、有頂天になって口が滑ったのかどうなのか、その辺はよく分かりませんが、ついに本音が出ちゃった・・そんな形となりました。

 あまりに非常識かつ非人間的な暴言であったため、買った怒りは凄まじく、加藤氏のもとには猛抗議が寄せられた模様ですが、さすがの加藤氏もヤバイと思ったのか、釈明文を自身のサイトに掲載しております。どんなことを言っているのでしょうか。まずはこちらをご覧下さい。(加藤紘一オフィシャルサイトから以下引用)


 7月7日、BS11で放送された「西川のりおの言語道断」の中での私の発言の一部分だけが、時事通信の記事として配信され、多くの皆さんが違和感を抱いたり、怒りを感じたり、悲しんだりしておられるようです

 記事だけを見ると、唐突に「拉致被害者を北朝鮮に戻すべきだった」と述べたように受取られますが、是非、前後の文脈を知っていただいた上で、趣旨をご判断いただければと思います。

 拉致被害者の方々には一時も早く戻ってきていただきたいのは当然ですし、ご家族の方々のお気持ちを察すると言葉を失います。また、拉致という犯罪で、日本人の人生を奪った北朝鮮にも強い怒りを感じます。

 その上で、一時も早い解決を願い、2002年の政府の対応が、安倍官房副長官(当時)の主張によるものではなく、福田官房長官(当時)の主張する内容であれば、小泉首相(当時)の行った歴史的な会談がその後も大きく展開し、かつ拉致問題ももっと大きな進展を見せていたはずという趣旨を述べたものです。

 その中で、「約束を守るべきだった」といいましたが、その真意は2つです。

1、拉致という犯罪を犯した北朝鮮から、「日本は約束を守らなかった」などといわれてはならない。日本人の誇りを大切にすべきである。

2、北朝鮮が拉致を認めて謝罪したあの時、北朝鮮はアメリカの攻撃を恐れていた。だからこそ、一気呵成に交渉を進めて、拉致問題の全面解決を図るべきだった。しかるに、北朝鮮に「日本は約束を破った」という不信感と口実を与え、その後の交渉が途絶える一因を作ったと考える。


 何なんでしょうか?これは釈明になってるのか??一部分だけが切り取られ~とか前後の文脈を知って~というのを見ると、またぞろマスコミがやらかしたのかと思えなくもないですが、実際に加藤氏の出演シーンを見てみると、思いっきり『戻すべきたった』と主張されているように思えますが?(参照→動画youtube)・・この人、なぜ批判されてるか全然理解してないんじゃないかと。

 大体ですね、拉致された同胞が日本に帰ってきて、それを『約束』だからと拉致した張本人に送り返すなんていう発想が出てくること『自体』が、めちゃくちゃにおかしいんだよ。帰国した一人の中に地村さんがいらっしゃいますが、そのお父上である保さんは、加藤氏の発言に対する抗議文を送ったそうです。その中で『栄養失調寸前の息子たちを見て、北朝鮮には絶対返さないと誓った(産経)』と述べておられます。

 加藤氏の言う通りに、あの時点で北朝鮮に被害者を戻す事にしたらどうなったか。保さんは『またしても』息子を拉致されたと感じたでしょう。今度は日本政府の手によって。ロクに食いモノがないから栄養失調寸前になってるわけで、そんなところにまたぞろ大事な息子をやるなんて出来るわけがない。こういった心情を理解しないで、外交感覚がどうのと御託並べるから批判されてるんだよ。

 それに、戻すべきだったという話の根拠にしている『観測』もおかしいだろう。加藤氏の言う通りにやれば、過去現在そして未来において被害者の全員帰国という意味での拉致問題は解決してるか?絶対にしていないと断言しましょう。寺越さんの例や韓国の拉北者問題を見ていれば、容易に想像できる。あり得ない超希望的観測で『たら・れば』をやって、その上こんな妄言を吐くから批判されるんだ。分かったかい?加藤さんよ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:加藤紘一 人間的感覚が欠如してます
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。