管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、ひと昔ほど前が懐かしいな
 人の嫌がることはしない。それがたとえ国益を損ねる結果になろうとも・・これは福田首相の外交方針(内政は別)ですが、最近、首相の意を汲んでということなのかどうなのか、一旦決まった文科省の教科書に竹島を日本領土と明記するという方針を撤回させようという動きが、政府内、一部役所から出ております。

 日韓関係を損ねてはならないだの、窮地に陥っている李明博韓国大統領を救うためだの、実に的はずれな理由で、領土問題を放り投げようとする動きには、日本国民として怒りを感じますが、特ア国民の声はよく聞えるものの日本国民の声は全然聞えないという頓珍漢が首相では、諦めに似た感情がわいてまいります。

 福田首相は、文科省に方針を撤回させるだろう・・私は昨日のエントリーで、こう書きました。百歩譲って、積極的に方針撤回を迫らないとしても、体を張ってでも領土問題で譲歩はしない!という姿勢を見せる事は100%無い。つまりは、アッチ側からの圧力が強ければ強いほど、川の水が流れるが如く押し流されてしまうでしょう。

 こういう人間は実に扱いやすい。特ア方面から見ると、まさにまな板の上の鯉、ネギしょった鴨であります。大声でギャンギャン喚けば、ズルズルと譲歩することを良ーーーーーく知っている。昨日のエントリーでは、G8拡大会議に出席するため来日していた李大統領が、この件で福田首相に釘を刺したことを紹介しましたが、今度は韓国の新聞社から。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)


【社説】日本「独島は日本の領土」明記、考え捨てるべき

韓日関係が再び岐路に立たされている。日本が中・高校教科書指導要領の解説書に「竹島(独島)は日本の領土」と明記するかを来週最終決定するからだ。現在、日本がどんな決断を下すかはわかっていない。文部省は教科書明記を強行するものとみられる。しかし福田康夫首相を含めた日本内の政界は両国関係の悪化を懸念して異なる案を講じているという。日本政府が対局的次元で賢明な決断を下すことを心から望む。

韓国で李明博政府、日本では福田内閣がそれぞれ発足すると真の意味での両国関係進展に対して期待がもたれるようになった。両首脳が「過去」よりは「未来」を重視するということで認識を等しくしたからだ。李大統領は「歴史は忘れないが、過去に縛られて未来に進むことに支障があってはいけない」と強調した。福田首相も韓国を含む東アジア諸国との善隣外交を力説した。こんなときに「独島が日本の領土」などという内容を中・高校教科書に反映させるとは日本の本音は一体何なのか問いたい。表だけで甘い言葉を吐いて、裏では韓国を無視するというのか

独島は歴史的側面ではもちろん、現在、韓国政府が実効的に統治している韓国の領土だ。それに韓国で「独島問題」はどんな妥協も不可能だ。日本もこの点をよく知っているはずである。それにもかかわらず、独島をめぐりずっと喧嘩を売り続けることは、韓国との関係改善は眼中にないという話にしかならない。

こうした点で福田首相の役割が非常に重要だと見ている。これまで福田首相は、植民地支配を謝罪した村山談話を受け継いで、靖国神社参拝もしないと明らかにしている。韓国・中国との関係を以前より質的にワンランク上げるという明らかな意志表明だった。それにもかかわらず「独島は日本の領土」の教科書明記が決まったら、福田首相の言行は偽善として映る。また韓国政府からは駐日大使召還以上の力強い抗議に直面するだろう。福田首相の慧眼を期待する


 駐日大使召還以上の力強い抗議に直面する・・これを見て、韓国ウォッチャーは『まーたブラフこいてるよ。面白いからやってみろ!どうせ何も出来ないくせにww』という反応が大半であろうかと存じます。”爆釣魔王”小泉純一郎氏や”釣神”麻生太郎氏が政権を担っていれば、『ふーんそうなの?』と華麗にスルーして、あちらさんは振り上げた拳の下ろしどころが見つからずにグダグダになる、という近年よく演じられた喜劇が繰り広げられたことでしょう。

 一方の福田首相をはじめとした”ダボハゼ”土下座釣られ組はどうか。もう簡単に真に受けちゃう。そ、そんな大事になるの!?と震え上がり、ヤバイマジヤバイどうしようと狼狽し、『あ、でも譲歩したら賢明だとか慧眼とか言ってくれるんだよね?オレこの言葉大好き!誰も言ってくれないから嬉しいな♪』とか何とか言ってズッポリ嵌ちゃう。全然面白くない。一ミリも面白くない上に国益まで損ねちゃう。もう最悪なのであります。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。