管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全ての元凶は福田が首相であること
 日本固有の領土である竹島・・これを『竹島は日本領土である』と教科書に載せるという話が、先日ありました。これは事実的にも文脈的にも、全くおかしな所はないわけで、むしろ今まで載せてこなかったのが不思議でならない話。とはいえ、事実は事実として、日本のものは日本のものとして明記されるのは良い事です。

 北方領土や尖閣と並んで、ようやく竹島も日本領土としての認知が広まるな・・と、ちょっぴり喜んでいた管理人なんですが、ところがどっこいこんなニュースを目にしました。何だか展開が読めてしまう話なので気分が重いですが、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(福島民友新聞から以下引用)


竹島「領土」明記を再検討(07/08 16:58:47)

 日韓両国が領有権を主張する日本海の竹島(韓国名・独島)について、中学校社会科の新学習指導要領解説書に「我が国固有の領土」と明記する方針を、文部科学省が再検討していることが8日、分かった。

 明記の方針に対し韓国側の反発が強く、日韓関係の悪化を心配する声が政府内で出ているためだ。文科省は14日に解説書を公表する予定だが、主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)終了後、首相官邸や渡海紀三朗文科相らが協議し、表現方法見直しや明記見送りを含めて最終判断する。

 2012年度から全面実施される中学社会の新指導要領で、文科省は竹島を取り上げることを検討。しかし新指導要領の公表時期が、今年2月と4月の日韓首脳会談と重なり、外交面への配慮から記述しなかった。

 その後、文科省は、指導要領の内容を補足する解説書の中で「固有の領土」と明記する方針をいったん固めた。この方針が5月に表面化して以降、韓国側から反発する動きが出ていた。


 確かに、文科省が方針を発表したとき、韓国からは『ファビョーん!』という音が数多く聞えてきました。しかしですね、だから何?ですよ。日本政府は『韓国は日本固有の領土である竹島を不法占拠している』という立場ですよね?無主地を日韓両国で領有争いしているわけじゃないはずです。本当は自分のものなのに、泥棒がギャアギャアと騒いでいるから『自分のもの』と言えないなんて、どんだけへタレなんだという話です。

 実はこの話、少し前から動き出してまして、まずは外務省が文科省に対して『韓国に配慮しろよ』というイチャモンをつけていました(時事)。安倍さんが首相で麻生さんが外相だったら、こんなことには決してならなかっただろうなあと思いつつ眺めていたのですが、上記事と『韓国大統領がサミットにて福田首相に明記しないよう要請(共同)』というニュースを見て、確信しました。福田首相は方針を撤回させる、と。

 人の嫌がることはしない・・これが福田首相の外交方針。この方針には少し説明が必要なので書いとくと、たとえ日本の国益を損なうことになっても、中国や韓国の嫌がることはしないという意味であります。今、福田首相の心の中では、99%文科省への方針撤回に気持ちが傾いていると思われますが、今更この人に『貫き通せ!』と叫んだところで無駄でしょう。とっとと退陣させましょう。いやホントに。もうそれしかありません。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。