管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加藤紘一 人間的感覚が欠如してます
 先日、自民党の加藤紘一氏が、日中友好協会の会長に就任された・・こんなニュースを紹介しました。これで名実共に媚中派の頂点にのぼり詰めた加藤氏ですが、今ごろは得意の絶頂といったところでしょうか。奴隷長になったところで何が嬉しいのかは、私には全く分かりませんが。

 そんな加藤氏、日本外交、特に対特ア外交の、いわゆる『風向き』が変わったと踏んで(勘違いして)いるらしく、最近では思うところを包み隠さず、各所でご披露なさっているのですが、ちょっとこれはマズイんじゃないでしょうか。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因-自民・加藤氏

7月7日22時58分配信 時事通信

 自民党の加藤紘一元幹事長は7日夜、日本BS放送の番組に出演し、2002年に北朝鮮から一時帰国した曽我ひとみさんら拉致被害者5人に関し、同国に戻さないとした当時の政府決定について「国家と国家の約束だから、(戻した方が)よかった。安倍(晋三前首相)さんを中心に返すべきでないとなったが、その辺が今、日朝の間で打開できない理由だと思う」と述べ、官房副長官として永住帰国への方針転換を主導した安倍氏の対応に問題があったとの認識を示した

 加藤氏は「(戻していれば現状のようには)ならなかった。『また来てください』と何度も何度も(両国間を)交流していた。一回返すと平壌は殺してしまうんじゃないかと(言われたが)、そこが(安倍氏らとの)外交感覚の差だ。そんなことができるはずがない」と述べた。 


 このク○野郎・・拉致『被害者』を帰すべきだっただと?テメエは日本語が理解できてねえようだな。戻ってきた被害者をもう一度、拉致犯行者に戻すなど意味が分からん。で、国家と国家の約束が云々と言ってるが、こんなバカな話をバカ正直に守る奴がいるかバカ。それに、だ。北朝鮮はマトモに約束を守ったことなどないじゃないか。

 寺越さんや韓国の拉致被害者、その家族達がどんな状況におかれているのか、テメエも知ってるはずだな?これらの家族は、年に一度程度、北朝鮮の監視付きで『人質』に接見しているに過ぎない。自由にモノも喋れない、ずっと一緒に暮らしたいという願いも叶わない、会えば会うほど悲しみは募るばかりなんだ。それをもってよしとしろってか。これが何の解決になるというんだ。冗談もほどほどにしとけよ。

 外交感覚の差だと加藤氏は言う。しかし私は違うと断言する。そんなものは関係ない。根本的なところで加藤氏は間違ってる。差があるとすればそれは、人間的感覚の差だ。テメエは日本の政治家のくせに、日本国民である拉致被害者やその家族をまるでモノや記号のように見ているんだ。少し前、鳩山法相に向かって『人間としての資格なし』と吼えた議員がいましたが、今こそこの男に向かって言うべきだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。