管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 やっぱりねやっぱりね
 今年3月、チベットで起こった大規模な騒乱。これを力で潰そうとした中国に対して、国際社会は非難の嵐を浴びせ、一時は北京オリンピックボイコットの動きまで出ていたものの、四川大地震が起こったことで同情論が出てきたり、中国がチベット側と対話をすると『言った』ことなどによって、中国への非難の嵐は止んでしまった。

 国際社会はどんな理由で中国を非難していたか。中国がすぐに暴力に訴えること、チベット側と対話を拒否していたことが挙げられますが、前者は中国が情報統制しているため見えてこない。後者は中国が対話をすると言ったことによって、これでよしとされてしまった。ところが現実はこうです。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

チベット亡命政府首相 本紙会見 中国に誠実さ見えぬ

2008年7月6日 07時09分

【ダラムサラ(インド北部)=大場司】チベット亡命政府のサムドグ・リンポチェ首相は五日、亡命政府が拠点を置くダラムサラで本紙との単独会見に応じた。首相は今月一、二日に北京で行われた中国政府との公式対話で双方が対話継続を確認し、北京五輪後の十月に次回対話が行われることを表明した。

 ただ、首相は「これまでと同様に、中国政府は誠実で真摯(しんし)な態度を示していない」と、中国政府を批判。今回の対話でも目に見える成果が得られなかったことが明らかになった。

 首相は次回対話への期待も示さなかったが「中国政府はわれわれとの対話は維持している。中国政府のチベット政策が正しくないことは、彼ら自身も分かっているはずだ」と指摘。中国側も対話の利益を認識しているとの見方を示した。

 中国政府が亡命政府に対しチベット独立急進派組織「チベット青年会議」の活動抑制を要求していることに対しては「われわれは全体主義の組織ではない」と述べ、不介入の立場を表明した。

 一方、中国政府との対話でダライ・ラマ十四世の特使を務めたロディ・ギャリ氏らは五日会見し、今回の対話の報告を受けたダライ・ラマが「失望していた」と語った。

(東京新聞)


 中国がやっているのはチベット側と対話する『ポーズ』である・・私は過去のエントリーで何度か指摘してきましたが、やっぱりですね。オリンピックが済むまでは、とりあえずポーズをとっておいて、終わったら元通り。チベット側との対話ってナンデスカ~?と、すっとぼけるに決まってる。ん?みんな分かってることだって?ええそうですよね。みんな分かってるはずです。

 求めていた暴力停止とチベット側との対話・・このどちらも達成されたとはとてもじゃないが言えない状況でしょう。にもかかわらず、当初は先頭きって中国を批判していたフランス大統領とか、就任からこれまで、中国に対して人権に関する批判をしまくってきた米国大統領、そして日本の首相(この人は最初から行くつもりだったでしょうけど)は北京オリンピック開会式への出席を決めた。何なんだあんたらは。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。