管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何とかならんかそのイカレた思考
 米国のテロ支援国家指定解除を受けて、安倍政権によって剥奪された嘗ての特権を取り戻そうと、にわかに蠢きだした日本国内の北朝鮮の下部組織、そして在日朝鮮人たち。強制連行されたんだから云々、差別されてるから云々と言って、これから各地各所で不当な要求を繰り返すだろう・・こんなことを以前のエントリーで指摘しました。

 同エントリーでは、在日朝鮮人らが下関市の教育委員会に対して、一条校では無いのに朝鮮学校への支援を求め、その際に日本の植民地政策を云々して『配慮しろ!』と詰め寄っているというニュースを紹介しましたが、関連してこんな動きが出ているようです。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

朝鮮学校に助成を 支援団体が学習会開く 署名への協力呼びかけ

朝鮮学校には行政の助成がほとんどないことから、学校の問題や課題を知り、支援活動につなげる学習会「なぜ、朝鮮学校に『補助金』なのか」が二十九日、立川市内であった。行政に改善を求める要望書の提出に向け、主催側が署名運動の協力を呼びかけたほか、保護者らから「学校への認識を正さない限り、差別は改善されない」といった声が相次いだ。 (末松茂永)

 主催したのは「西東京朝鮮第一初中級学校」(同市錦町)を支援する「立川朝鮮学校支援ネットワーク・ウリの会」。ウリの会は朝鮮学校を支援する七団体で組織。今秋をめどに、外国人学校への補助金の支給や増額と、税制優遇措置を国に働き掛けるよう求める要望書を都や多摩地区の各市に提出する。

 学習会では、同校の慎基成(シンギソン)校長が学校運営の現状と課題を報告。多摩地区にある同校と町田市の二校が、児童、生徒への助成額が国内で最も低いことを指摘し「東京区部の補助金の年額平均は一人当たり約九万三千円だが、多摩地区は約二万八千円だ。学校運営に必要な三分の一ほどの予算しか確保できないため、教員の給与削減や保護者の協力などでしのいでいる」と厳しい現実を明らかにした。

 同校に子ども二人を通わせる在日二世の保護者は、学校を楽しむ子どもの様子を報告しつつ「プールや遊具を作ってあげたいが、できないのが心苦しい」と親心をのぞかせた。

 山口県下関市の教育長が「(朝鮮半島の)植民地支配は歴史的事実に反する」と述べたことを取り上げ「わたしは山口の出身。朝鮮人が日本に入ってきた地域でこのような発言は悲しい。こういう上から目線の態度が行政の根本にあるから、補助金問題も解決に至らないのでは」と問題提起した。

 「補助金を出すのは当然」とした在日朝鮮人の一人は「わたしは日本の土になる。朝鮮に帰るところはない。補助金を求める権利がある」と訴えた。


 差別ね・・どこが差別なのかさっぱり分からない。一条校ではない、つまり日本の公教育のために支出される公的な補助金を受けるには、それなりの条件というのがあるわけですが、朝鮮学校はそれを満たしてない。というか、この日本で堂々と『金正日将軍マンセー・主体思想注入』教育をやってる極めて特殊な学校なわけだ。存在を許してもらってるだけでも有難いと思わないんですかね。

 で、一条校たる条件を満たしていないにもかかわらず、補助金は一応出ているんですよね?何と寛大なる日本という国。寛大すぎて怒りがこみ上げてきますが、補助金増額など問題外だ。というよりもビタ一文出す必要などない。少しの譲歩がさらなる譲歩を呼び、戦後の巨大なる朝鮮人特権を作ってしまった過去を考えると、もう絶対に譲歩してはならない。各地の教育委員会は肝に銘じて欲しい。

 最後にひとつツッコミを。記事の最後に出てくる人ですけど、ちょっとイカレ過ぎでしょうこれ。北朝鮮に帰るつもりが全然ないのに、なぜあんな気持ち悪い将軍様をマンセーしたり、クソの役にもたたない主体思想などを学ぶあるいは子供に学ばせようとするのか。意味が全く分かりません。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。