管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山崎拓の暗躍を阻止せねば
 ここ最近、何だかあれよあれよという間に動いていく拉致・核など北朝鮮を巡る問題。それが本当に日本、そして国際社会にとって『良い方向』であれば問題はありませんが、どう見ても北朝鮮に有利な形で進行しているように思います。今や国際社会は、『北朝鮮絶対に許すまじ』という気持ちを忘れてしまったのか。

 北朝鮮によるミサイル連射、核開発実施の発表を受けて、国際社会は激怒した。日本でも、拉致問題があった上でのことだったので、怒りの声はこれ以上ないところまで高まり、北朝鮮を擁護してきた者たちは沈黙せざるを得なかったわけですが、最近ではワラワラわいてきて好き放題言い、また首を突っ込んでおります。

 こういった輩の代表格は、自民党の山崎拓氏でありますが、日朝国交正常化後に発生するであろう利権を狙ってか、とにかく核問題を前に動かそうと躍起になっています。正確には、前に動かすというか、北朝鮮はほとんど何もすることなく、各国が行っている北朝鮮への制裁解除、そして援助再開をさせ、問題を『消して』しまおうというもの。

 国際社会が北朝鮮に求めてきたのは、核開発を完全中止すること、そして朝鮮半島の完全な非核化だったはず。これなくして制裁解除や援助再開はされないはずでしたが、ここへ来て核計画の申告のみで制裁を解除、援助を再開しようという動きが出ている。(日本に至っては、拉致問題の『再調査』のみで制裁の解除を言ってしまった)。

 核計画の申告については、何と核兵器関連の情報がなくても、とりあえずはOKという流れになっており(読売)、このまま北朝鮮の核兵器保有が容認されてしまうことが懸念されます。功を焦って我慢比べに負けた米国のせいとはいえ、日本も首相が代わって、その流れに乗ってしまっているので、人のことはあまり言えません。本当に情けない限りであります。

 これではいけない・・ということで、前首相の安倍氏は、先頭きって北朝鮮の思惑通りの状況を作り上げようと動き回る山崎氏を猛烈に批判。『百害あって利権あり』と本当のことを言われた山崎氏は激怒し、安倍氏に対して謝罪と賠償を求めるという展開になっていたものの、安倍氏は拒否(時事)。ここで山崎氏が本当に訴訟に踏み切れば、面白いことになると思っていたのですが、こんなんなってます。(Yahoo ニュースから以下引用)


<山崎氏>「足の引っ張り合いやめよう」と安倍氏に呼び掛け

6月21日18時43分配信 毎日新聞

 対北朝鮮外交を巡り、自民党内で強硬派の安倍晋三前首相と柔軟派の山崎拓前副総裁が互いを批判し合っている問題で、山崎氏は21日、「北朝鮮の核問題で重要な展開がある。もっと大きく国際情勢を見て日本の平和と安全を確保すべきで、足の引っ張り合いをやっている時ではない」と、安倍氏に自制を呼び掛けた。福岡市内で記者団に語った。<以下略>


 あ、ヘタれちゃった(笑)。安倍氏がすぐに謝らなかったので、利権政治屋のイメージが定着することや、今、北朝鮮問題はどんな方向に向かおうとしているのか、国民に知れ渡るのを恐れたんですかねえ。利権など狙っておらず、北朝鮮問題の解決が本当に良い方向に向かっているという自信があるなら、徹底的に安倍氏と戦えば良いのに。ま、無理でしょうけどね。

 で?なんですか?もっと大きく国際情勢を見て日本の平和と安全を確保すべきだよ白々しい。このまま行けば、1人2人が帰ってきただけで殆どの拉致被害者は帰らず幕引き、そして北朝鮮の核兵器保有が容認されそうな流れになってるじゃないか。これで日本の平和と安全が確保されるってか?むしろ悪化しまくりじゃないか。国民をバカにするにもほどがあるぞ山崎!!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。