管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 またの名、ちり紙
 法相としての資格もなければ、人間としての資格もない・・これは日本の法律に基づき、死刑判決が出た死刑囚の刑執行をするために、鳩山法相がサインをしている事に対して、国民新党の亀井静香氏が言い放った暴言であります。

 裁判が行われ死刑判決が出る→法相がサインをして刑が執行されるというのは、決まりごとなわけで、鳩山法相は職責を果たしたに過ぎないのに、この言われ様。酷いとしか言いようがありませんが、もっと酷い事を言う輩がいたようです。こちらをご覧下さい。(NikkanSportsから以下引用)

鳩山法相「死に神」表現に怒り爆発

 「苦しんだ揚げ句に死刑を執行した。彼らは『死に神』に連れて行かれたのか」。鳩山邦夫法相は20日の閣議後会見で、13人の死刑執行を命令したことを朝日新聞が「死に神」と表現したことに対し「軽率な文章には心から抗議したい」と怒りをあらわにした。

 朝日新聞18日付夕刊の「素粒子」欄は、鳩山法相について「二カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」などと記載した。

 これに対して鳩山法相は「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」と語り、「(死刑囚にも)人権も人格もある。司法の慎重な判断、法律の規定があり、苦しんだ揚げ句に執行した。彼らは死に神に連れて行かれたのか」とマイクが置かれた台をたたいて声を荒らげた

 さらに「私に対する侮辱は一向に構わないが、執行された人への侮辱でもあると思う。軽率な文章が世の中を悪くしていると思う」と語った。

 [2008年6月20日12時2分]


 死に神って・・もう無茶苦茶ですね。鳩山法相は街中で無差別に人を殺したわけでも、権力をかさに着て罪もない人を殺しまくったわけでもない。裁判所で『この人はこれだけの殺人を犯した。極刑でもって応ずるしかない。』という判決が『確定』したものを法相の仕事として処理したに過ぎない。亀井氏や朝日もそうですが、人権派だとか自称している輩に限って、こんな酷い事を言うのはなぜなんでしょうね。

 まあ、正義の側に立っていると考えているのではなくて、自分自身そのものが絶対的な正義であると思い上がっているからではないかと私は見ていますが、実に不快です。死刑廃止が信念であることに文句は言わないけれど、死刑を阻止するために『何でも』やったり、酷い事を言って法相を萎縮させ、サインさせまいとするのは間違ってる。法治国家なんだから、法を曲げようとするのではなくて、正式な手続きを踏んで改正するなり立法するなりしろ!反吐が出る。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:人権を振り回す議員の迷惑正義
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。