管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超法規的措置で二重払いはダメよ
 煮ても焼いても全く食えない、金正日将軍様率いる北朝鮮という国。息を吐くように嘘をつくのは当たり前、人を騙すのも日常茶飯事、勝手に人の国に入り込んで他国民を拉致し監禁、麻薬の製造販売はするわ、偽札を作ってバラまくわ、自国民が餓死しようが関係なしで核兵器・ミサイル開発に手を染める・・まるでマンガであります。

 そんなマンガのような国に、日本は何度となく振り回されてきましたが、過去の徹を踏まずと頑張ってきた安倍前首相の努力も空しく、後を受けた福田首相は焦って歩み寄り、北朝鮮の罠に嵌ってしまった・・こんなニュースを以前のエントリーで紹介しました(関連エントリーを参照)。

 北朝鮮が拉致被害者の『再調査』を行う・・こんな屁のツッパリにもならない条件で、日本側は『制裁解除』に言及してしまった。日本国民が望むのは、1人や2人ではなく政府認定の10数名だけでもなく、あくまでも拉致被害者の全員帰国。が、流れを見ていると最悪のケースで幕引きが画策されているような気がしてなりません。

 再調査の途上で制裁全面解除、1人2人の帰国で拉致問題は解決とみなされる。そして国交正常化に邁進し、なぜか日本は多額の金を北朝鮮に毟られる・・これが日本にとって最悪のケースと言えましょうが、逆に北朝鮮にとっては最高のケース。当然、こうなるように狙ってきております。こちらをご覧下さい。(中日新聞から以下引用)


日本政府に対し「過去の清算を」 北朝鮮機関紙

2008年6月17日

 【ソウル=福田要】16日付の北朝鮮の労働党機関紙「労働新聞」は「過去の清算に勇断を下すべきだ」と題した論評を載せ、日本政府に対して植民地支配への早期の補償などを求めた。朝鮮中央通信が伝えた。

 論評は、太平洋戦争などでの朝鮮人戦死者の名簿とされる資料を引用。死者が2万人以上だったことを取り上げ、過去の罪悪を実証する証拠だと紹介。そのうえで「罪深い過去を1日も早く清算しなくてはいけない」と強調した。

 論評は先の日朝実務者協議に言及していないが、安否不明の拉致被害者の再調査などを約束した北朝鮮が、今後の日朝協議では過去の清算への対応を強く求める姿勢を示したものとみられる


 先の大戦中、朝鮮半島は日本だったわけで、そこに住んでいた君達のご先祖も当時は日本人だった。大戦で命を落とした日本人の数と比べてみれば、むしろ2万人で済んだのは奇跡なのでは?というツッコミは置いといて、またしても過去の清算がどうのと言ってきてるわけですね。しかし『普通』の日本人は騙されませんよ。

 過去の清算は、38度線以北を含めて『朝鮮半島唯一の合法政府』と強く主張し、日本との国交を先に回復している韓国に『全て』支払って解決済でございます。日本はこれ以上ビタ一文出せません。このお題で話をして、そうですね、日本として出来ることは、韓国から北朝鮮にいくら払うのが適切か検討する、ということくらいでしょうか本来なら。

 ただ、今の政界を見渡してみると、あり得ないことが起きることも考えられます。国交正常化後の北朝鮮利権が欲しくて、よだれダラダラたらしながら国交正常化を叫んでいる政治屋どもが大勢いますし、何よりトップがアレですからね。お父上も使った伝家の宝刀である『超法規的措置』がどうのと言い出して、無理矢理やってしまいそうで怖いです本当に。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:またしても北朝鮮の罠に嵌った日本
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。