管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 見てこの鉄面皮
 大嫌いな戦前日本を究極の悪に仕立て上げるためなら、火の無いところに火種を置いて、煽って煙を立たせ、さらにはガソリンをぶっかけて大炎上させることが得意の新聞といえば朝日新聞。ありもしない強制連行、従軍慰安婦(どちらも戦後の造語)問題を作り出したことが主な業績であります。

 ありもしない問題をでっち上げるには、当然それなりの障害が出てくるわけであります。そんなものはない!と言う人達を黙らせる必要が出てくる。もちろん、報道ではなくて、この手のマッチポンプが主な仕事となっている朝日新聞に抜かりはありません。出てくる障害は自社の紙面を使って葬ってきました。

 ちょうど小泉首相が誕生した頃まででしょうか、朝日のこういった手法は堂々と世間様でまかり通っていましたが、最近ではその力にもかげりが見えてきた。そんな時に起こったのが、『NHK番組改変問題』です(よく知らない方はこちらをまずご覧になってください→Irregular Expression様)。

 問題の経緯などは上のリンクを見て頂くとして、要は朝日新聞がでっち上げた従軍慰安婦という虚構に、懐疑的である安倍・中川両氏を、朝日新聞が排除しようとしたものの、両氏の反撃にあって逆に追い詰められちゃった・・というお話で、この件を巡っては裁判にもなっているのですが、先日、その判決が出ました最高裁で。朝日が社説にて言及していますので、取り上げてみます。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)


NHK―勝訴で背負う自律の責任

 放送局がどのような放送をするかは、表現の自由として、放送局の自律的判断にゆだねられている。放送の内容が当初の企画と異なることは当然あるから、取材を受けた側の放送内容への期待は、原則として法的な保護の対象にはならない。

 最高裁判決はこのように述べ、原告が主張する「取材される側の期待権」を極めて限定する判断を示した。

 争いになったのは、旧日本軍の慰安婦問題を取り上げたNHK教育テレビの番組である。取材に協力した市民団体が「放送直前に内容が改変され、当初の趣旨と異なる番組となった」として、NHKと制作会社に慰謝料を求めていた。最高裁は期待権を認めるべき例外には当たらないとして、原告勝訴の東京高裁判決を破棄し、原告の請求を退けた。

 取材を受ける側の期待権の拡大解釈を防ぎ、表現や報道の自由を守るうえで大きな意味を持つ判断である。

 取材された人が、報道内容について自分の期待通りでなかったからといって賠償を認められるなら、取材や報道にとって大きな制約になる。期待権は政治家や企業などが思い通りの報道をさせて世論を誘導しようとするときに悪用されかねない。

 勝訴したからといって、NHKは手放しで喜ぶわけにはいくまい。この問題が注目されたのは、期待権とは別に、番組の改変がNHKの自律的判断ではなく、政治家の影響を受けていたのではないか、と疑問が投げかけられていたからだ。

 二審の東京高裁判決によると、放送前にNHKの幹部らが当時の安倍晋三官房副長官に会って番組の内容を説明した。安倍氏は慰安婦問題の持論を展開し、公正中立の立場で報道すべきだと指摘した。NHKに戻った幹部の1人が大幅な改変を指示した

 そのうえで、東京高裁は「NHKは国会議員などの発言を必要以上に重く受け止め、その意図を忖度(そんたく)して番組を改変した。編集権を自ら放棄した行為に等しい」と批判していた。

 この点について最高裁判決は具体的に触れていない。期待権を認めないという結論を出した以上、改変理由を判断する必要はないということだろう。

 NHKは予算案の承認権を国会に握られており、政治家から圧力を受けやすい。そうであるからこそ、NHKは常に政治から距離を置き、圧力をはねかえす覚悟が求められている

 裁判が決着したのを機に、NHKは政治との距離の取り方について検証し、視聴者に示してはどうか。

 「どのような放送をするかは放送局の自律的判断」という最高裁判決はNHKに重い宿題を負わせたといえる。この宿題にきちんと応えることが、公共放送としての信頼につながる


 出ました。テメエでマッチポンプやって問題を大きくしておいて、マズくなったら徹底徹尾他人のフリを決め込むという朝日新聞の得意技です。『番組の改変がNHKの自律的判断ではなく、政治家の影響を受けていたのではないか、と疑問が投げかけられていたからだ』って、お前ら自身がギャアギャア叫んでたんだろうがと。しっかり裏も取らずに。

 続いて当時の朝日の『安倍・中川両氏がNHK幹部を呼びつけて番組内容改変を強要した!』という主張をさらっと挿入してる。これは安倍・中川両氏、NHK側ともに真っ向否定し、NHKは朝日新聞に対して公開質問までしていたと記憶していますが、朝日は逃げ回っていた。ほとぼりが冷めたと思ったのか、卑怯にもまたぞろ言い出してる。ホントどうしようもないですね朝日は。

 準政府機関ともいえるNHKが、大物政治家に圧力をかけられて屈した・・この『なんとなくありそうな話』という構図にはめ込んで嘘を言い立てれば、いつか嘘は真実となる。これを朝日は狙ったんでしょ?もうみんな分かってますよ。で、何ですか?結びで偉そうに信頼に繋がる云々と説教たれてますが、嘘ばっかりこいてる捏造新聞が信頼云々を説教などヘソで茶が沸くわい!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。