管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 お前らだけには減らず口と言われたくない
 先の大戦で日本が弱っている隙に、ドサクサにまぎれて竹島を強奪し、現在まで不法占拠を続ける韓国。これだけでも度し難いですが、最近では盗人猛々しくも『日本は竹島領有を言うな!』などと妄言が度々聞こえてまいります。

 これは盗られたものを返してくれ、それは本当はこっちのものだと言う人に、盗人が逆に説教をするという、実に奇妙な話なわけですが、日本政府が積極的に反論しないため、この奇妙な話がまかり通っているのが現状。またもやこんな電波が届きました。こちらをご覧下さい。(大邱新聞から以下引用※韓国語)

<大邱論壇> 独島に触れると日本のアイデンティティが確立するのか? 全デヨル(韓国政治評論家協会会長)

日本という国は今や世界の一等国だ。アジアの島国に過ぎとはいえ、1億が超える人口、4万ドルに迫る国民所得を誇る。彼らの経済力はアメリカに次ぐ世界第2位だ。経済力と同じく高い文化水準を維持し、教育にも非常に熱心だ。長年の慣習が今では天性として固まったかのように、日本人の礼節と親切は世界の認めるところだ。

好戦的な国民性だとは言うが、第2次世界大戦での悲惨な敗北で日本国土は焦土と化した。世界で最初に原爆の洗礼を受け、広島と長崎は空前絶後の災いの都市に変じた。数十万の人命が一瞬にして消えた。それにもかかわらず、彼らは再び立ち上がった。

<中略>彼らの倹約と節約の精神は、豊かになった今までもそのまま生きている。そのため今も世界中で一番多くの観光客を誘致している国の一つになることができるのだ。観光客が群がって来るということは、文化遺跡などの見どころがたくさんあるということの他にも、食べものや着るもの、学ぶものなどが豊かだという意味だ。観光もして学問も得ることができたら一石二鳥ではないか。

このように立派な国に変貌した日本が、どうして機会さえあれば「独島」に触れるのか?独島は韓国領土だ。昨日一昨日の話でもなくて、既に千年前の史料にもそのように出ている。それどころか日本政府が数百年前に製作した地図にも、独島は鬱陵島とともに朝鮮の領土だと表示されていて、これ以上言い争いにならないにもかかわらずこの問題にちょっかいと出してくるというのは、その内心の意図が別にあると見られる

李明博政府は就任当初から、「新しい韓日関係」を標榜して、日本の韓国支配に対する謝罪要求など常に繰り返される問題点を止揚する、とした。これまで韓国政府は新しい政権が出来るたびに、韓国の国民感情に合わせるため「謝罪」要求を繰り返してきた。日本は不快に思いつつも、首相が訪韓する時や韓国大統領が訪日する機会があればやむを得ず「遺憾」の意を表した。

ドイツの首相がフランスを訪問したりユダヤ人虐殺現場を訪れた際には、ひざまずいて涙を流して過去の過ちを悔やむ姿を演出したが、日本の首相は演出ですらそうした姿を見せたことが無い。極めて形式的な「遺憾」という言葉で済ませただけだ。

それとまったく同じ対称な形で日本は、日本で新政権が発足したり韓国で政権が変わる機会があれば、儀礼的に「独島」に対する領有権を主張してきている。今回も例外ではなく、日本の外務省と歴史教科書で再び「竹島は日本領土」との主張を出してきた。故障したレコードのように両国が交替で昔の流行歌を相手に聞かせ続けているわけだ。

ずいぶん前から韓国が実効的に占有している独島を、彼らが勝手に「竹島」と呼んで、自分たちのものだと叫んでいるだけなら、吾関せずでよい。しかしこの機会に、一等国という肩書きを持つ国が歴史的資料と国際法の明示規定まで無視して所有権主張を繰り返す真の意図は何なのかを、明らかにする必要がある。筆者はそれを日本政府の「減らず口アイデンティティ」だと見る

日本は古代から絶えず韓国を侵略してきた。全面戦争だった壬辰・丁酉倭乱(訳注:秀吉の朝鮮出兵
のこと)は言うまでもないが、多様な侵略行為は到底枚挙に暇がない。そのため世宗大王はたまりか
ねて対馬島征伐まで敢行した史実がある。日本の領土膨脹欲のためだ。島国に限定されていてこれ以上伸びるのが困難な領土欲を、他国侵略で満たそうとする虚欲だ。それはアイデンティティを掲げて日本国民を欺く詐欺劇だ。

どうせ奪うことができない独島を問題化して、若い日本の生徒たちに貧しい「アイデンティティ」を注入しようとする浅知恵は、韓日両国の新しい関係形成を妨げるばかりだ。視野を広く持ち、韓日両国が何かにつけて言い出す「謝罪」と「独島」はもうそれぐらいで終わりにして、真の友人として生まれかわるための画期的な発想の転換を期待したい

(訳文は2chから頂きました。)


 盗んどいてこれですからね・・もうお口アングリです。どうして機会さえあれば竹島に触れるのか、と仰いますが、そりゃ触れますよ(笑)。訳の分からない深読みをしていて笑っちゃいますけど、竹島は韓国に強奪されたんだ。そして強奪されてからこれまで、日本は一度だって領有を放棄するようなことは言ってない。

 で、上から目線で『歴史的資料と国際法の明示規定まで無視して所有権主張を繰り返す』だの『減らず口アイデンティティー』だの『アイデンティティを掲げて日本国民を欺く詐欺劇だ』だの『若い日本の生徒たちに貧しい「アイデンティティ」を注入しようとする浅知恵』だのと言ってますけど、これって全部韓国のことじゃないですか。『日本』の部分を韓国にすれば、とってもシックリきますけど。

 最後に、真の友人として生まれかわるための画期的な発想の転換を期待したいなどと結んでいますが、どうせあれでしょ?日本に『だけ』譲歩とか配慮を求めて自分達は何もしないという、いつもの話なんでしょ?というかね、泥棒して返さないわ、返せと言ったら逆に説教されるわ、挙句に真の友人として生まれ変わるために云々・・こんなんで誰が真の友人になりたいと思うんだ。バカじゃなかろうか。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。