管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 何がベンチマークだよ下衆野郎
 ドイツが発明してアメリカが製品化、日本が小型化・高性能化して中国がコピー、そして韓国は起源を主張する・・これは以前のエントリーで取り上げた、最近ネットで流行りのジョークであります。ジョークとは言いましても、『オチ』の部分が本当によく起こるので、笑えない事もしばしば。

 とにかく何でもかんでも起源主張しときゃいいや!みたいなノリなのかどうなのか、その辺はよく分かりませんが、アレもコレもソレも全部韓国起源だ!みたいなことを言ってる彼らには、心底呆れてしまいます。さて、またぞろ何やら起源主張しているようなので取り上げてみますか。こちらをどうぞ。(中央日報から以下引用)


「しょう油は韓国が元祖」世界進出計画

トンウンFC(www.defc.co.kr)は、液体調味料の専門企業だ。この会社が製造した商品はほとんどOEM(相手先ブランドの製品を製造する)方式でへチャンドル(HAECHANDLE)など有名食品ブランドとして販売されている。カツオジャン、イワシエキスなどが代表的な商品だ。

最近、トンウンFCは自社ブランドの開発に乗り出した。国内市場よりも世界市場を狙ったブランド戦略だ。「時期尚早だ」「リスクの負担が大きい」と懸念する声もあったが、チョ・キュス社長は強力に推し進めている。

チョ社長の自信は綿密な準備から見られるものだ。チョ社長は「自社ブランドで海外市場を攻略する計画は、ある日突然考えついたのではない。数年前から段階を踏み、発売の段階に入った」と話した。

トンウンFCはテリソースから市場に発表する予定だ。世界市場で韓国の伝統醗酵食品のしょう油が日本の製品のように認識されていることを正したいという。初期には日本のテリソースをベンチマーキングして世界市場に軟着陸した後、世界の人の舌を変えていく計画だと会社側は紹介する。2年以内に米国アナハイムに支社を設立する計画だ。

チョ社長は「最近、工場横の敷地に、生ゴミ処理工場建設の許可を管轄地方自治体が出したため、精神的に苦労している。食品衛生管理と安全性の維持に万全を期したい」と話した。


 今度は醤油ね・・何の根拠があって、というか根拠なんぞありはしないんでしょうが、毎度毎度ご苦労なこって。もう起源主張せずには、どんな物事も前に進まないと考えてるんじゃないかと思えてきましたが、このプライドの無さはどうでしょう。我々が元祖だ!とか言いながら、日本の製品をベンチマークして市場に出る・・つまりパクって日本の製品のように偽装し、定着したら徐々に韓国という名前を前面に出していくということですね。韓国企業がよく使う手ですけど、情けないですねホント。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 どんなに偉くなっても量産型 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。