管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 目処もたってないのに復興の象徴??
 今月12日、中国の四川省で発生した大規模な地震。昨日のエントリーでもお伝えしましたが、その被害は深刻。中国政府は事態を重く見て、温家宝首相自らが現地にて陣頭指揮をとっているようですが、なかなか作業は進まず、同首相は現地にて苛立ちを隠さず、怒鳴り散らす場面が見られたようです(Yahoo ニュース

 そんな中でも、中国では例の北京五輪の『聖火』護送行脚が『普通に』続けられているようなのですが、そんなことやってる場合じゃねーだろ!というツッコミが入るのは当然で、一体何を考えてるんだと言わざるを得ません。こちらをご覧下さい。(スポーツ報知から以下引用) 

追悼より聖火!福建省笑顔のリレーに中国国内で批判の嵐

 中国の四川大地震による犠牲者は、13日までに1万2000人に達した。また2万3000人が生き埋めになっており、死傷者はさらに増えるとみられている。一方、中国国内では北京五輪聖火リレーの続行に対して批判が殺到。インターネット掲示板には「お祭り騒ぎをしている場合ではない」などの書き込みがあふれている。聖火は6月15~18日に被災地の四川省を通る予定。しかし、五輪組織委員会は「今のところ地震によるルートの計画変更はない」としている。

 「我々には良心のかけらもないのか」。ついに中国国内からも、聖火リレーへのブーイングが噴出した。多くのネット掲示板に「聖火リレーを中止すべき」「五輪開会式を取りやめろ」などの書き込みが相次いでいる

 地震から一夜明けた13日も聖火リレーは、福建省竜岩で予定通り実施された。第1走者のシドニー五輪重量挙げ銅メダリスト・張湘祥さんは、「リレーが被災者に元気をもたらすように」と語ったものの、スタート時に黙とうなど犠牲者を悼む行事は一切なし。リレーの出発式には約3万人の市民が集まり、大地震の救助活動とは対照的な盛り上がりを見せた。

 この“KY”な光景にネットでは「笑顔を浮かべる走者の姿は見ていられない」「聖火リレーをやめて、節約したお金を被災地に送り救援活動に回すべきだ」などと、リレーの続行に反発する声が集まった。

 今月2日から始まったリレー国内ルートは、31の直轄市、省、自治区のすべてを回ることが売り物。月末には犠牲者の出ている湖北省に入り、来月15~18日は、数千人が死亡したとされる綿陽や成都など四川省内の7都市を回る予定だ

 日本に住む成都出身の中国人女性によると「成都にいる家族は、公園で車中に避難している。現地では、水とまんじゅうの奪い合いにもなっている。『五輪どころじゃない』との声が上がっている」という。

 今後の聖火リレーについて、五輪組織委員会の広報担当者は「現段階では予定通り行う方針。中央政府から(計画変更の)通知は届いていない」と説明した。さらに治安担当チーム関係者は「聖火が復興の象徴になることで、チベット問題による影の部分が薄まる効果もある」と冷徹な見方も漏らしている。

 一方で、中国外務省の秦剛副報道局長は、四川省での聖火リレーについて「組織委が災害状況を調べており、適切な時期に決定する」とルート変更の可能性にも言及。四川省などでは走者に被災者を加える案も浮上しているという


 まあ中国らしい話といえばそうなんですが、何としても『聖火』リレー、五輪はやると。こういうのを機を見るに敏というのが適切かどうか分かりませんが、五輪組織委員会や中国外交部の発言を見ていると、この大地震をも『中国の中国による中国のためだけの五輪』に利用してしまおう・・という意志がヒシヒシと感じられます。言わずもがなのことですが、最低ですね。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。