管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田首相は『中共』脳ですね
 日本国内の空気を全く読まずに、中国の胡錦濤主席の来日で友好ムードをでっち上げ、ひとりではしゃぎ回っていた福田首相。成果らしい成果がゼロであったからとはいえ、70をすぎた老人が中国からのパンダ貸与を強調しまくる姿は、違和感がありまくりです。

 パンダそのものに罪はありませんが、採算が取れないと言われる高額のレンタル料に加えて、皮肉にもパンダは中国から弾圧を受けているチベット周辺地域に生息する動物であること、そして何よりも『何も考えず手放しの喜び』をみせる福田首相には、批判の声が上がっておりますが、こんな反論をしております。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

パンダ有償貸与「疑問は少数派」 福田首相が中国のテレビに
2008.5.9 21:25

 福田康夫首相は9日、官邸で中国の中国中央テレビのインタビューを受け、雄雌のパンダ2頭の有償貸与に疑問の声があることに関し「メディアの一部でいろんなことを言う人がいるが、これはごくごく少数派。ほとんどはかわいいパンダを見たいと思っており、手放しで喜んでいる」と強調した。

 北京五輪について「中国の人が中国の応援ばかりし、相手国を批判したりブーイングすれば反感を持たれるが、今回はそういうことはないと思う」と指摘した。


 何なんですかね。この『俺の考えが正しいんであって、他のやつらが間違ってる』みたいな考え方。福田首相は、胡錦濤主席と開いた記者会見でも『マスコミは偏ってる・間違ってる』と決め付けていましたが、既視感があるといいますか、これって中国という国から返ってくる反応そのものですよね。どう考えても自分達が間違ってるのに、他のアイツやコイツやソイツが間違ってる!と開き直る、みたいな。

 で、北京五輪についても何か言っておりますが、おそらく釘を刺すつもりでこんな『100%無い予想』をしてみたんでしょう。しかしですね、あんたの言う事なんて、日本国民はもちろん、中国側だって誰も聞きやしませんよ。本当だったら毒ギョーザ事件などでギチギチに締め上げられるところを、逆に『パンダ貸してくれてありがとう!』と文字通り手放しで喜ぶバ○ですからね。ホントどうしようもない。 
 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:福田首相の絶対に超えられない壁
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。