管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田首相の絶対に超えられない壁
 胡錦濤主席の来日を受けて、一般の国民の感覚からは遠くかけ離れた『日中友好ムード』を必死こいて盛り上げる政府。昨日のエントリーでは、ハッキリ言ってしまって何の意味もない『共同文書』とやらを日中双方で作成し、両首脳が満足げに記者会見を開いたことを紹介しました。

 注目の毒ギョーザ事件、チベット問題を巡っては、極力触れないよう配慮がなされ、わが国の首相は中国からのパンダの貸与を『一大成果』のごとく強調。これでは胡錦濤主席で大いなる勘違いをしたまま帰国することになる・・こう懸念していたところに、この人がやってくれました。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

【胡錦濤氏訪日】歴代首相と朝食会 安倍氏はチベット問題に懸念表明 小泉氏は姿見せず (1/2ページ)

来日中の胡錦濤中国国家主席は8日午前8時から、東京都千代田区のホテルニューオータニで、中曽根康弘、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三の歴代首相と朝食会を開いた。ここ10年間の日中間のわだかまりを超えて「暖かい春の旅」の演出を狙った会合だが、安倍氏はチベットなどの人権状況への懸念を表明。靖国神社参拝をめぐり、胡主席と遺恨を残す小泉純一郎元首相は姿をみせなかった。<中略>

 安倍氏は「戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係を作っていくことが重要だ」と述べ、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判。その上で「北京五輪を前にチベットの人権状況を憂慮している。ダライ・ラマ側との対話再開は評価するが、五輪を行うことでチベットの人権状況が改善される結果が出ることが重要だ」とクギを刺した。

 さらに安倍氏はウイグル問題にも触れ、東京大に留学中の平成10年に中国に一時帰国して逮捕されたトフティ・テュニアズさんについて「彼の家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と述べた。

 胡主席はトフティ氏について「私は知らないので、しっかりした法執行が行われているかどうか調べる」と応じたが、チベット問題について言及はなかった。

 安倍氏の発言を受け、会場は気まずい雰囲気が漂ったが、森氏は「アフリカではリビアを含めた53カ国が『アフリカ合衆国』を作る動きもあるが、アジアにはない。日中間が協力して新たな枠組みを作ってはどうか」と提案。北京五輪について「日本でもっとも成功を願っているのは日本体育協会会長であり日本オリンピック委員会理事である私だ。2016年の東京五輪招致ではぜひ協力をお願いしたい」と要望した。<後略>


 安倍さん・・GJです。他の歴代首相とやらがおべんちゃらを言ってゴマをすりまくりの中(記事リンク先を参照)、よくぞ言ってくれました。『サメの脳みそ』の異名を持つ元首相に至っては、気が狂ってるとしか思えないトンデモ提案までしていますが、安倍さんが居なかったら、胡錦濤主席は『やっぱり日本の政治家ってのはアホだな』という結論を持って帰っていたことでしょう。

 ああ、そうそう。アホといえば、この人もトンデモないことを言っていたので、ついでにさらし上げておきましょうか。情けないことにわが国の首相であります。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)


首相、異例のメディア注文「正しく報道を」
2008.5.7 22:57

 福田康夫首相は7日の日中共同記者会見で、「偏見や誤った報道があれば、両国の国民の理解、信頼につながらない可能性がある」と述べ、メディアに対する異例の注文を行った

 首相は同日夜、誤った報道の具体例を求めた記者団に対し、「一般論だ。真実を国民が知らなければ本当の判断ができない。あなた方(報道機関)の大きな責任だ。心してやってください」と答えた。


 まあ大方、中国側から注文があったんでしょうが、そのままヘイヘイと従ってどうする。お前は中国外交部の報道官かと。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。