管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞さん、どうしちゃったの?
 『聖火リレーの大応援団はサクラだ』・・『聖火』がサンフランシスコ市を通過した際、こう発言した同市の市会議員が、中国人たちに『我々を侮辱した!』と攻撃されている・・こんなニュースを以前のエントリーで紹介しました。

 具体的には、罷免運動にまで発展していたようなのですが、サクラではないとしたら、こうした反発も理解出来ます。が、もし本当にサクラだったら、キ印と言うほかない。サンフランシスコ以降、各国で行われたリレーには、大量の中国人が現れましたが、あれって本当は何なんでしょう。(asahi.comから以下引用)

「聖火応援隊」やっぱり動員 中国当局が旅費負担

2008年04月29日06時24分

 【北京=峯村健司】北京五輪の聖火リレーへの妨害を防ぐため、各地の中国大使館側が旅費を負担するなどして、現地の中国人留学生らを大量動員していたことが関係者の話でわかった。「人間の壁」による妨害対策を指示するなど、対処マニュアルも作成。各地で赤い中国国旗を振っていた「聖火応援隊」は、やはり当局主導だった

 長野市を走った26日の聖火リレーでは、約5千人の中国人留学生らが日本各地から集まった。東京から参加した複数の留学生によると、前日から夜行バスで向かい、1人2千円の交通費を負担したが、残りの費用は、すべて大使館側が負担してくれたという

 配られたマニュアルでは、(1)聖火が引き継がれる地点にそれぞれ20人ずつ集まって「人間の壁」をつくり妨害者の進入を防ぐ(2)自分たち以外の大人数の団体を見つけたら責任者に報告する(3)不審な物を発見したらすぐに新聞紙や服で包んで排除する、などと書かれている。

 さらに「体を張って妨害を食い止めてもいいが暴力を振るってはいけない」「大声を出してもいいが、相手を侮辱するような言葉は使わない」など、法律やルールを守るよう呼びかけ、現場でも注意されたという。中国のイメージが損なわれないよう配慮していることがうかがえる

 関係者によると、パリやロンドンで聖火妨害が相次いだため、各大使館が中国人留学生や華僑を動員し、聖火を防衛することを決めたという。オーストラリアのキャンベラでは1万人以上が、アルゼンチンのブエノスアイレスでも数千人の留学生らが動員された。リレーが通過しなかったカナダやニュージーランドなど15カ所でも、現地中国人による大規模な「北京五輪支持集会」が開かれている。

 24日にあった中国外務省の定例会見で、「中国大使館が費用を負担して現地の中国人を動員しているのか」という記者からの質問に対し、姜瑜副報道局長は「そのような質問をして、どんな意味があるのか」と明言を避けた


 やっぱり(笑)。いやまあね、分かっちゃいましたけど、新聞記事になると信憑性がさらに増します。加えて、この記事を書いたのが、普段は『中国様LOVE!』の朝日新聞なのがまたグッド。北京五輪、そして『聖火』リレーは、まさに中国の中国による中国のため『だけ』のモノってことが、より鮮明になりました。北京オナリンピックにでも名前を変更したらどうか。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:中国 ホントのことを言われて怒っちゃった
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。