管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 北京五輪のスポンサーも人民の敵だ!?
 チベット問題への中国の対応の仕方を巡って、世界中で起きている中国への抗議行動。中国側はこれに対抗して、『中国に対する抗議への抗議行動』を国内、国外を問わず展開しておりますが、中国当局がこれを制御できるか否か・・現在、当ブログではウォッチ対象にしております。

 国内だけならまだしも、海外に住む中国人、あるいは中国系住民を動員してしまっている上に、『愛国』という当局が頭から否定できないキーワードが絡んでいるだけに、収集がつかなくなるのではないか、と管理人は予想していますが、彼ら『愛国戦士(笑)』たちは、戦線を拡大していくつもりのようです。こちらをご覧下さい。(レコードチャイナから以下引用)


2008年4月21日、「経済日報」が伝えたところによると、欧米などの「北京五輪聖火リレー妨害」や「チベット独立運動支援」に抗議するため、中国で「5月1日は仏カルフールと米ウォルマート、6月1日はケンタッキー、マクドナルド、ピザハット」と、デモを行う日付と標的を指示すチェーンメールが飛び交っている。

それによると、メールには「パリでは市政府がチベット独立のシンボルを政府ビルに掲げ、米では複数の上院議員が大統領の北京五輪開幕式ボイコットを要請。ドイツ首相はチベット独立支持を堂々と表明した」などと各国の動きを紹介。その上で「21世紀の中国に対し、『8か国連合軍』は何がしたいのか?世界人口の4分の1は中国人だ。14億人民の団結力と見せてやろう」と呼び掛けている。

中国では現在、仏系スーパー「カルフール」を標的としたデモが拡大を続け、反欧米ナショナリズムが高揚している。こうした動きを沈静化するため当局は、人民日報などのメディアを通じ「愛国表現にも理性が必要」などと自制を呼び掛けた。

これを受け、ネット上では、デモに対する「支持派」と「反対派」の間で激しい論争が巻き起こっているという。


 フランスに続いて今度はアメリカの企業ですか。確かマクドナルドは北京五輪のスポンサーだったはずですが、そんなことはきっとケンチャナヨなんでしょうね(笑)。ムヤミやたらと戦線の拡大をしてしまうと、訳が分からなくなってくるというのは、日本人は先の大戦で学びましたが、彼らはどうか。当局が制御しきれなくなった時に、色んなものが噴出・大爆発を起こす可能性もありそうです。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。