管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 世界を相手に戦えますか?
 チベット問題を巡り、世界中に拡がりをみせる中国への抗議行動。これに危機感を持ったのか、中国側は、自らに向けられた抗議の声をかき消すため、何でも良いから相手よりもっと大きな声で喚き散らすという行動に出ております。

 抗議行動が予想される『聖火』リレーの現場へ、現地の中国人に動員をかけて送り込み、中国の主張や相手への悪口をがなり立てさせる・・これはかなり異様な光景を生み出しておりますが、ちょっと普通では考えられない行動を彼らが取るので、リレーが通過した現地では、様々な反応が出ている・・もちろん悪い方向で・・というニュースを昨日のエントリーで紹介しました。

 合わせて、出てきた反応に中国人がさらに反応し、反発の声を上げているということも紹介しましたが、中国人たちがどこまでやるつもりなのか興味津々の管理人。今後、『聖火』は豪州、そして日本にもやってきますが、昔風でいう西側諸国全てを敵に回す・・なんてことに本当になりそうです。こちらをご覧下さい。(東京新聞から以下引用)

チベット騒乱から1カ月 中国、愛国心が過熱 外資不買運動も

2008年4月15日 朝刊

 【北京=平岩勇司】チベットの騒乱から十四日で一カ月。北京五輪聖火リレーへの抗議行動が各国で相次ぐ中、中国では聖火の「防衛」を呼びかけ外資企業への不買運動を求めるメールが飛び交っている。中国政府は、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ十四世との対話を求める国際世論と、国内で高まる民族感情の“板挟み”となっている

 最近のインターネットでは「(中国人の伝説の祖)炎帝と黄帝の子孫たちよ。キャンベラは支援を求めている!」とのメールが転送されている。

 二十四日に聖火が通過するオーストラリアのキャンベラは、在住中国人が少なく「チベット独立分子」の拠点になっていると説明。「これ以上、われわれの聖火が侮辱されてもいいのか? 愛国の手を差し伸べてほしい」と集結を呼びかける

 また、パリの聖火リレーで妨害行為が起きたことを受け、中国各地に展開する仏系スーパー「カルフール」の不買運動やシャネル、ルイ・ヴィトンなどのボイコットを求める携帯メールも。「仏企業はダライ・ラマに資金を提供している。中国人の力を見せてやれ」と感情的内容が多い。

 ネット上では「衝動的な不買運動は中国の恥」と冷静な意見もあるが、「外国企業はチベット分裂をたくらんでいるんだぞ!」と過激な反論が殺到する。

 十四日付の「環球時報」は五輪ボイコット論や抗議活動が「中国人をさらに団結させた」と強調している。


 これは面白くなってきました。数年前の日本一国を対象とした反日運動の盛り上がり(彼らは愛国運動だと言ってますが)でさえ、最終的には中国当局の制御が利かなくなりそうになってましたが、多くの標的を同時的に攻撃していくとなると、収拾がつかなくなる恐れがあるんじゃないでしょうか。中国当局、そして政府的には。

 豪州で抗議行動が起こると『豪州製品の不買だ!大使館にデモだ!』、日本で抗議行動が起こると『日本製品の不買だ!大使館に投石だ!日本と断交せよ!』なんていう風に『国内的』に盛り上がり、その空気のまま五輪に突入したら・・これまで抗議行動が起こった国の選手、あるいは観客が酷い目に遭うかもしれない。そうなったら中国は終わりでしょうね。色んな意味で。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。