管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忘れちゃならない毒ギョーザ事件
 ここ最近、中国によるチベット弾圧や北京五輪の『聖火』リレー関連の話題を多く取り扱っている当ブログ。いずれも中国発の問題ですが、中国発の問題といえば、例の『毒ギョーザ事件』が、世間様・・特にマスコミに忘れ去られているような気がする管理人。

 あれほどの騒ぎになり、まだ問題解決がされていないどころか、原因の調査も進んでいないという異常事態が続いている中、この問題は、本当に過去のものとして葬り去っていいのか。ことは食の安全という日本国民の生命に関わるだけに、決してウヤムヤにしてはなりません。

 そんな中、この毒ギョーザ事件を巡って、ちょっと気になるニュースを目にしましたので、本日のエントリーで取り上げたいと思います。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

ギョーザ国内捜査、終了へ 混入経路、未解明のまま

2008年04月12日03時00分

 中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、警察当局は流通段階での事情聴取や実況見分を終えた。商品の鑑定も近く完了の予定だ。メタミドホス混入の経緯が解明されないまま、国内で可能な捜査は事実上終わる見通しで、警察幹部は「中国側が解明しない限り動かない」としている

 ただ、被害者を抱える兵庫、千葉両県警は、事件の重大さを踏まえて今後も情報収集を続ける。警察庁は今後も中国側と連携・協議を続け、見解の差を詰めるとともに捜査の進展を促す方針だ。

 両県警は、大阪、横浜の輸入港から、保管倉庫、販売したスーパーや生協までの一連の流通過程で、実況見分や関係者からの事情聴取を終えた。問題の商品を含む同種商品について、警視庁や大阪府警などの応援を得て進めてきた鑑定作業も今月中旬には終えるという。中国側で密封された商品なので、国内で可能なのは、流通段階の捜査と鑑定だとされる。

 これまでの捜査の結果、流通過程で混入を疑わせる問題点は見つかっていない。被害の3家族が食べた問題の商品や、関西地方のスーパーなどから回収された主に外側が汚染されていた一部商品のほかに、新たな汚染商品は見つかっていないという。

 問題商品のうち、千葉市の被害家族が残していた未調理のギョーザの具からは1万9290ppmのメタミドホスを検出。ニラの残留検疫基準の約6万4千倍で、警察当局は「具に練り込まれたとしか考えられない」としている。

 一方、中国側は実際の流通する状態に近い条件で行ったとする浸透実験で、大部分の袋で、外側から同成分が中に浸透したと主張。従業員55人の事情聴取結果などからは「工場での混入の疑いはない」としていた。

 日中捜査当局は、捜査や科学鑑定の専門家による情報交換会議を4回開催。中国側は日本側の見方も否定せずに引き続き捜査をするとしているが、双方の主張は原則変わっておらず、解決の見通しはたっていない


 この件で日本の警察は出来ることをやったと思います。中国側が『政治的判断』によって『これで終わりだ!』とばかりに梃子でも動かない姿勢へと変わり、それを貫いている現状で、これは既に政治的な問題になったと言っても良いでしょう。つまりは、日本側から政治的なアクションを起こしていかない限り、この問題はここから一歩も動いていかないということ。

 福田首相はどう思ってるんでしょうねえ?中国が『こっち側での混入ではない!決め付けるな!』と言って原因究明への積極姿勢を翻した時、『(調査に対して)中国は前向きだ』と斜め上なことを言ってましたけど、現状を見てもなお、中国は前向きだと吼え続けるつもりなんでしょうか。どんな鈍い人でも、そろそろ気付く頃合だと思いますが。

 まあ、中国国家主席様の来日で頭が一杯、井戸の中のクダラナイ争いごとで手一杯な福田首相には、何かをして頂ける期待はできそうにありませんし、出来ればウヤムヤになって欲しいと考えてるんでしょうが、福田首相よ、このままこの問題を放置したりすれば、日本国民の大いなる怒りと恨みをかうことになるぞ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。