管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田が首相 冗談だったら良いのに
 日中友好条約締結30周年だの胡錦濤の来日だの洞爺湖サミットだの北京五輪だのといった行事を並べ立て、今年は日中関係が大事だと力説し、チベット問題は正直どうでも良いと言わんばかりの福田首相の態度を、昨日のエントリーで取り上げました。日本国民として、大変恥ずかしい思いであります。

 仮に中国がこのままチベットでの弾圧を続けようが、台湾に武力侵攻しようが、日本にミサイルをぶち込んでこようが、おそらく日中友好というお題目を唱え続けるであろう福田首相ですが、国際社会からこんな呼びかけがありました。まずはこちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

「日本は五輪開幕式ボイコットを」 国境なき記者団代表

【パリ=山口昌子】北京五輪の開幕式ボイコットを各国首脳に要請している国際ジャーリスト組織「国境なき記者団」(RSF)=本部・パリ=の創立者で代表のロベール・メナール氏は産経新聞のインタビューに応じ、ドイツなど五輪開会式のボイコットを決める国が増える中、「アジアの大国、日本のボイコットは意義がある」と述べ、福田首相にボイコットへの期待感をにじませた

 RSFが開幕式ボイコットを各国首脳に呼びかけたのは3月初旬。メナール氏は「五輪自体のボイコットを訴えているのではない。スポーツ愛好家としてスポーツ選手を人質に取って圧力をかけるようなまねはしない。(われわれが主唱するのは)人権無視の北京で政治指導者らを満足させるためだけのスペクタクル(見せ物)である開幕式のボイコットだ。日本の首相にも開幕式の3時間30分の間だけ空席にしてもらいだけだ」と述べた。<以下略>


 福田首相にボイコットへの期待感をにじませた・・か。ハッキリ言いましょう。無理です福田首相には。それどころか、5月の胡錦濤来日では諸手をあげての熱烈歓迎ぶりを見せ付けてくれるでしょうし、北京五輪開会式では、満面の笑みで会場に登場しちゃうでしょう。もちろん、チベットのことなんか全く頭にないことは保証します・・って、書いてるだけで気分が悪くなってきた。早く辞めてくれないかなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。