管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 さあさあ中国様のお通りだ!
 日本国内の媚中政治家、中国様LOVE!のアッチ系マスコミなどが、一日千秋の思いで待ちに待っていた中国国家主席の来日。これが今春、日程にズレは生じたものの、どうやら実現することになりそうです。ズレが生じた原因というのは、もちろん例の毒ギョーザ事件。

 事件が早期に原因究明されていれば、ズレが生じることもなかったのですが、状況不利とみるや『全否定→逆切れ』という、いつもの態度に出た中国側の対応のまずさによって、原因究明はいつまで経ってもされないまま。私の感覚から言わせて頂くと、いま来ても『どの面下げて来たんだこのバ○』と一般の日本国民に言われるのがオチだと思うんですが、とにかく強行。

 それは、中国国家主席の来日を最重要と位置づけ、他の事が見えなくなってしまい、一般の日本国民の感覚とはかけ離れている、中国側が『全否定→逆切れ』という態度に出たにもかかわらず『(調査などに)中国は前向きだ』などと斜め上にも評価してしまう首相や、こんな新聞社がワクテカして待っているから。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)


胡主席来日―ギョーザの影をはらえ 

 中国の胡錦濤国家主席が5月のゴールデンウイーク明けに来日する。日中両国政府は、その方向で日程の最終調整を急いでいる。中国元首の来日は、98年の江沢民主席以来だ。10年ぶりの訪問を心から歓迎したいと思う。

 しかし、ギョーザ中毒事件が主席の訪日に暗い影を投げかけている。

 日本から見ると、中毒事件をめぐる中国側のこれまでの対応には不満に感じる点が少なくない。「互いに連携して捜査を」と合意しあっていたのに、中国の捜査当局が記者会見を開き、強い姿勢で「中国で農薬が混入した可能性はきわめて低い」と発表した。

 日本は逆に「国内で混入した可能性は低い」とみていたから、「中国はこのまま捜査から手を引いてしまうのか」と懸念する声が広がったのも無理はない。

 外交当局同士は、この問題と訪日を絡めたくないと考えているようだ。確かに、この事件だけで両国の関係全体が損なわれることは避けなければなるまい。

 中国は経済的にも軍事的にも急速に台頭しつつある。そんな隣国と日本がどう向き合っていくのか。国際社会の様々な問題を解決するため、両国間でどんな協力ができるのか。ようやく軌道に乗り始めた首脳同士の意見交換は極めて大切だからだ。

 といって「日中関係とギョーザは別」と割り切ることもできない。なぜなら、ことは食の安全にかかわるからである。日本国民の関心はたいへん高い。なのに、中国当局はあいまいなまま幕を引こうとしているのではないか。日本側は中国側の誠意を疑っているのだ。

 大事なことは、解決の道筋を見いだそうとする双方の努力だ。そうした明確な姿勢があれば、たとえすぐに問題が解決しなくとも両国の関係は前進する。

 しかし、それが見られなければ、せっかくの首脳交流もむなしいものに映るだろう。

 中国にしてみれば、捜査が先行した日本が先に、中国での混入をうかがわせるような見解を示したことで、メンツをつぶされたと感じたのかもしれない。だが、万一それで捜査を投げ出すようなことがあっては、中国にとってもマイナスが大きすぎる。

 現在の日中関係には東アジアにおける主導権争いの側面もある。ちょっとしたことがナショナリズムに火を付ける。下手をすれば、日本の中にある反中感情を刺激して小泉元首相の靖国参拝のときのような負のスパイラルに陥りかねない。

 幸い中国側は捜査員らを再度、日本に派遣する意向を示している。できるだけ早く両国の捜査担当者が顔を合わせて会議を開くことだ。捜査協力の進め方や検証のための実験方法などを率直に話し合い、打開の道を探ってもらいたい。

 せっかく立て直した日中関係だ。主席来日を念頭に、中国にも冷静で真剣な捜査を求めたい。


 外交当局同士は、この問題と訪日を絡めたくないと考えている・・で、朝日もそれに同意だ、と。ズレてますねえ大いに。一般の感覚は『自分達の食の安全>>>>>>>中国国家主席の来日』ですよ。しかも毒の入ったものを送りつけて日本人の健康を害し、さらにはほぼ100%クロであるにもかかわらず、公式の場で『全否定→逆切れ』で殻にこもってしまった国のトップですよ?中国国家主席というのは。

 本来であれば、これだけの重大事件を引き起こしたのだから、事件の原因究明、合わせて関係者の処罰、再発防止策を具体的にした上でないと、来てもらっても良いことないですよ。だからそれまでは来日を控えて頂きましょうか・・くらい政府や大手マスコミが言うべきなんだよ。それを向こうが何もしてないのに『別にしよう』などと言って強引に進める。そんなんだから中国にナメられるんだ。

 もうウンザリだ。中国が絡むと、途端に正しいこと間違ってること、許せること許せないこと、重要なこと重要でないことがアベコベになる。これから政府やアッチ系マスコミは『区別論』を持ち出して、胡錦濤来日の地ならし、露払いを必死こいてやるんでしょうが、これほど日本国民の神経を逆撫でするものは無いと思い知るがいい。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。