管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここにも居た居た『ぶった』政治家
 リベラルぶった政治家が多い日本の政界。『ぶった』というからには、それ相当の理由がございます。本来的な意味でのリベラルとはかけ離れた、あるいは行き過ぎた態度から、結果的に酷い逆差別を産んでしまったり、ただひたすらに外国に対して土下座してしまうからであります。

 弱者擁護、他者・他国への寛容な態度・・これはリベラルぶった政治家達がよく掲げている信条ですが、『我々は弱者だ!』と怒鳴り込んで来て要求を突きつけてくる『自称・弱者』の言い分を丸呑みにしたり、『我々は昔、日本に酷いことをされた!』と叫ぶ国が無理難題を吹っかけてきたら『仰せのままに』と身を屈してしまうのは、どこかズレている。

 昨日のエントリーでは、この『ズレた』政治家の中から、民主党の元代表である岡田氏の『ズレた』発言を紹介しましたが(関連エントリーを参照)、本日のエントリーでも、リベラルぶって『ズレ』ちゃってる議員の方をさらし上げておきたいと思います。こちらをご覧下さい。(NHKニュースから以下引用)


周辺事態発言 山崎氏らが注意

13日に開かれた自民党の安全保障調査会で、台湾海峡での有事について、防衛省の高見沢防衛政策局長が「いわゆる『周辺事態』に当然する」などと発言し、出席した山崎前副総裁らは「『周辺事態』は具体的な地域を想定した概念ではなく、誤解を招きかねない」と注意しました。

この中で、防衛省の高見沢防衛政策局長は「仮に中国と台湾の間で何かが起きれば、わが国としてたいへんな事態であり、周辺事態とするかどうかの前に、自衛隊の体制から言えば当然、警戒や監視を高めるなどの対応をしなければならない」と述べました。そのうえで、高見沢局長は「中国の関係者から『周辺事態はどうするのか』と聞かれ、『日本は当然する。日本の安全保障上の問題だ』と言った」などと述べました。

これに対し、出席した山崎前副総裁と加藤元幹事長は会合のあと、高見沢局長に対し「『周辺事態』は具体的な地域を想定した概念ではなく、誤解を招きかねない発言だ」として注意しました。政府は、いわゆる「周辺事態」について、地理的な概念ではなく、どのような場合があたるかは事態の性質に着目すると説明しています。


 誤解を招く??あのー、山崎さんと加藤さん。一体誰の、そしてどんな誤解を招くというんでしょうかね?中国様の、そして中国様の台湾侵略時には日本は指を銜えて見てるんだから、そんな事を言ったら誤解されるじゃないか!とでも言いたいんでしょうか。でもね、中国だって知ってますよ。ホントに武力で台湾に攻め入れば、日本が黙ってないことくらい。

 で、確かに中国は日本に対して中台関係に口出しするな!とか言ってますけど、日本の保守政治家で『仰せの通りに』と鵜呑みにしてる人って、そんなにいないわけです。あんたらリベラルぶった媚中政治家は別として。ズレてるから分からないんでしょうけど、ご両人が注意をしたという防衛省の局長の話ってのは、極めて常識的な話なんですよ。

 こんなんで何がリベラルだ、と思うのは私だけではないはずですが、『ぶった』とか『媚中』とか言われたくないんだったら、中国様に誤解される!なんていうクダラナイ心配などしてないで、図体のデカイ荒くれ強者の中国から、比べてみれば弱者である台湾を守ることを考えろよ。弱者擁護が信条なんでしょ?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。