管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田首相 そりゃあナメられて当然だわ
 中国産の毒ギョーザ事件・・中国という国をよく知らない人から見れば『まさか』、ある程度知っている人から見れば『やはり』という展開になって参りました。ええそうです。ついに中国側が伝家の宝刀『全否定→逆切れ』を抜いたようなのです。

 28日、中国公安の余新民副局長は北京で会見を開き、『中国製ギョーザ中毒事件は「人為的な個別事件」と断定した上で、中毒の原因となった殺虫剤メタミドホスが「中国国内で混入された可能性は極めて小さい」と発表した。また、同副局長は日本の警察に日本の現場への立ち会いや証拠物の提供を申し入れたが、同意を得られないとして「深い遺憾」を表明。「両国の警察は協力を強める責任がある。必ず真相を解明する必要がある」と述べた(産経新聞)』そうであります。

 これに対し、日本の警察庁幹部は『全く理解できない・科学的根拠を示して欲しい(時事通信)』と反論。この反応は中国側の対応が『どういうものか』よく示していると思いますが、わが国の首相の反応はというと、首を傾げざるを得ないものでした。こちらをご覧下さい。(時事通信から以下引用)

2008/02/28-20:50 原因究明、中国も前向き=ギョーザ中毒問題で福田首相

 福田康夫首相は28日夜、中国製冷凍ギョーザ中毒問題で中国公安省が同国内での毒物混入の可能性は低いと発表したことについて「(中国側は)これからも日本と共同して、しっかり調査したいということを言っていたのではないか。非常に前向きだ」と述べ、今後も中国と協力して原因究明に当たる考えを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。
 また、首相は「中国側も原因をしっかり調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分持っていると思う。日本側も協力してやってもらいたい」と語った。


 こういう事を自国の首相に言うのはどうかとは思いますが、あえて言わせて頂きましょう。お前は何を言ってるんだと。頭がどうかしちまったのかと。向こうは確かに前向きかもしれない。ただし、それは『中国側の責任を何としても回避する』という方向に、だ。科学的根拠も示さず『中国のせいじゃないよ!』と言い放ったり、斜め上にも日本の警察当局を批判する。これを見れば分かりそうなものですが、福田首相には分からない。何なんだ一体・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。