管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 毒ギョーザで旅行者激減
 中国産の毒ギョーザ事件が発覚してから、そろそろ1ヶ月が経とうとしています。未だ決着がつかず、というかつく目処も立ってないような感じでありますが、その間にも中国側が蒙るイメージ的な打撃は、ジワジワと現れてきているようです。

 中国の威信をかけた一大イベントであるオリンピックが目前に控えている今、『中国でモノ食ったらブッ倒れるかもしれんぞ』・・中国に行こうかな?と考えていた全ての人に、こう思われることは最悪。さっそくこんなんなってます。こちらをご覧下さい。(産経ニュースから以下引用)

中国旅行“大幅減” ギョーザ事件で二の足 「五輪特需」も幻に?

大手旅行各社の取り扱う中国旅行(人員ベース)が、前年比2~5割減に落ち込んでいることが22日、分かった。中国製冷凍ギョーザによる中毒事件が収束に向かわないなかで、消費者の中国製品への不安が募り、旅行商品にも波及しているようだ。来月から本格化する北京五輪ツアーの販売商戦を控え、各社は中国のイメージ悪化に神経をとがらせている。

 4~6月出発分の中国旅行販売状況をみると、日本旅行が前年同期比でほぼ半減。JALパックは同3割減で、ANAセールスが同2割減と各社軒並みマイナスとなっている。販売力の強い最大手のJTBはプラス基調を維持しているものの、中国製品への不安が長引けば影響は避けられそうにない。

 日本旅行業協会(JATA)によると業界全体の昨年の中国観光ツアー実績(人員ベース)は、前年比5.6%増と堅調だった。

 しかし、今年1、2月出発分はそれぞれ同13.2%減、同23.5%減と低迷。旅行会社は「昨年から中国の食の安全問題がマスコミなどで取り上げられていたことに加えて、今回のギョーザ事件で(中国が)さらにイメージダウンした」(日本旅行広報)ことが要因とみている

 もっとも、今年の中国旅行の目玉と各社が位置づける北京五輪ツアーに限ると、いまのところ影響は出ていないようだ。

他社に先駆け、ANAセールスが14日に売り出した野球の五輪観戦ツアーは、販売開始から3時間でほぼ完売するなど「予想外の売れ行き」(同社広報)。北京五輪ツアーの販売はこれから本番を迎えることもあり、各社は北京五輪が需要反転の起爆剤となることを期待している。

 ただ、業界内には日本に対する五輪チケットの割当枚数が予想以上に少なかったことから「五輪商品が売れても、中国旅行商品全体の低迷を回復するまでに至らない」との冷ややかな見方もある。

 中国製冷凍食品に関しては、いまだに基準を上回る農薬が検出されるなど、新たな問題が相次いで発覚している。中国製品に対する不安が、さらに拡大するようなことになれば旅行各社が期待する「五輪特需」も幻に終わりかねない


 中国への旅行者数が激減。まあこれは当然の話ですよね。楽しいはずの旅行で、モノ食ってブッ倒れるなんて嫌ですもの。中国国内向けに比べて、比較的安全だと言われていた日本向けの食品であれですから、『本場』中国だったらどうなることやら・・ああ、考えただけでも嫌すぎる。

 ところがオリンピック向けの旅行商品の売れ行きは良いと。まあ四年に一度の祭典ですし、行きたい気持ちはよく分かるのですが、今回は開催が中国ですからねえ。食品の安全問題に加えて、先日のサッカー東アジア選手権で見られたような愛国無罪丸出しの大会運営をしてくることは間違いないし、日本人というだけで暴行の対象になってしまうかもしれない。

 それでも行きたい、というなら、それは個人の自由ですので、どうぞご勝手にとしか言いようがありませんが、健康への配慮と身辺の安全には十分に気を配って頂きたいものです。まあ大丈夫だろうとナメてかかって、エライ目に遭う可能性は結構高めだと思いますので。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:中国でオリンピック開催ねえ
関連エントリー2:中国 本当にこれでオリンピックやるの?
関連エントリー3:中国の侵略は進駐ですかそうですか


※お知らせ:明日27日の更新は、管理人の都合によりお休みとさせて頂きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。