管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうにも無理がある外国人参政権付与
 日本国民固有の権利である参政権を、まるで菓子をやるかの如く、簡単に外国人にくれてやろうとする人達がおります。昨日のエントリーでは、そんな中から参院第一党の代表という重責ある立場の人物が、わざわざ外国に出向いて、その国の次期大統領に参政権の付与を約束するかのような発言をしたことを紹介しました。

 このおバ○さんは小沢一郎民主党代表。新たに増える外国人票が欲しいのか、政局の道具にしたいのか、それとも他に何か思惑があるのかは知りませんが、小沢氏はとにかく外国人参政権付与に積極的な姿勢を示しておりました。

 日本国民にとっては、失うものはあっても得るものが無いという、実に迷惑千万な話である外国人参政権付与の動き。が、小沢氏のような『?』な政治家、アッチ系マスコミは付与に積極的。何だか嫌な感じがするなあ、と思っていたところで、読売新聞が社説にて反対の論陣をはっているようなので、紹介したいと思います。こちらをどうぞ。(読売新聞から以下引用)

外国人参政権 国のあり方を政争の具にするな

永住外国人への地方参政権付与という、すでに決着したはずの問題が、なぜ、こうも繰り返し、蒸し返されるのか。

 韓国を訪問した民主党の小沢代表が李明博次期大統領と会談し、「もたもたしているのは非常に遺憾だ。実現できるよう努力したい」と述べ、法案の早期の国会提出、成立に強い意欲を示した。

 だが、憲法の規定や、国のあり方という基本的な観点から見て、たとえ地方であっても、外国人に参政権を認めることはできない。

 1995年の最高裁判決は、憲法15条の公務員を選定・罷免する権利は、日本国籍を持つ「日本国民」にある、と明示した。地方自治体の首長や議員を選ぶ「住民」も「日本国民」としている。

 憲法は、地方も含め、外国人の参政権を明確に否定している。地方自治も憲法に基づく秩序の一環だ。憲法に反することは許されない。

 地方自治体は、住民の権利・義務の規制や、罰則を含む条例の制定など、国と類似した「公権力」の行使を行う。公共サービスだけでなく、国の安全保障や教育内容など、国の基本政策に関する問題にもかかわる。

 武力攻撃事態法や国民保護法は、有事の際の国と自治体の協力を定めている。日本に敵対する国の国籍を持つ永住外国人が選挙権を行使し、国と地方の協力を妨げれば、日本の安全が脅かされる。

 民主党内では、永住外国人への地方参政権付与を推進する議員連盟が発足する一方で、慎重論を唱える議員連盟が設立された。外国人に地方参政権を付与した場合、国の基本を揺るがす恐れがあるという強い懸念があるからだろう。

 地方参政権付与論が蒸し返されるのは、95年の最高裁判決が、傍論部分で、永住外国人への地方参政権付与は憲法上、禁止されておらず、国の立法政策にかかわる問題としているからだ。

 だが、傍論は明らかに本論と矛盾し、法的拘束力もない。傍論を根拠にした地方参政権付与の主張は、無理がある

 問題なのは、民主党内で、「自民、公明両与党分断の揺さぶりになる」という判断が加わって、地方参政権付与の推進への積極的な動きが出ていることだ。

 地方参政権付与を主張する公明党は既に法案を国会に提出しているが、自民党内に慎重論が強く、たなざらしのままだ。だが、民主党が公明党と同様の法案を提出すれば、公明党は賛成し、自民党も動揺する、と見ているのだろう。

 国のあり方にかかわる問題に政略的な思惑で対処することは、許されない。
(2008年2月23日01時51分 読売新聞)


 傍論を根拠にした地方参政権付与の主張・・か。なるほどねえ、そういう戦術なわけだ。例の小泉首相(当時)の靖国参拝を巡った訴訟と同じような構図になってるわけですね。最高裁まで行って一度も違憲『判決』が出てないのに、地裁や高裁で『傍論』として述べられたものを拡大解釈して『違憲判決だ!』と叫びまくってる輩がいたなあ。(関連エントリー1、2を参照)

 ん?そういえば、小泉氏の靖国参拝は違憲だ!とか行ってる連中と、外国人への参政権付与に積極的な連中って、似たような顔ぶれだと思うのは私の気のせいかしら(笑)?まあ、それは置いといて、読売がこういった社説を書いたことで、付与賛成派は苦しくなるんじゃないかなあ?カラクリを暴かれた上に、他の付与賛成の根拠としている『税金を払ってるじゃないか!・植民地支配の歴史を引きずってるから云々』というのは、無理がありすぎますから。ねえ?北海道新聞さん(関連エントリー3を参照)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:朝日新聞 悔しくて悔しくて・・
関連エントリー2:靖国訴訟 最高裁の重み
関連エントリー3:北海道新聞 売国法案は急いで通せ 
関連エントリー4:民主党の代表職ってのは軽いんですねえ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。