管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピエロ役は楽しいですかイノウエさん
 日本人として恥ずかしい・・こう言って特アの妄想歴史認識の側に立ち、一緒になって日本を批判する日本人がおります。日本人でありながら、日本は反省していない!なーんて高い位置から説教を垂れることが、どれほど醜い行為なのか理解できないバ○は困りモノ。(江原日報から以下引用※韓国語)


太平洋戦争で強制徴用されて悔しく死んでいった寃魂を慰める韓日合同慰霊祭
日本人の一人としてすごく恥ずかしく、なげかわしくて申し訳ありません。

太平洋戦争中、日帝治下で強制徴用されて故国に遺骨になって帰って来た被害者たちの魂を慰めるための韓日合同慰霊祭が29日、春川市立メモリアルパーク納骨堂で開かれた。太平洋戦争の韓国人犠牲者遺族会の主催で開かれたこの日の慰霊祭には在韓軍人軍属裁判を支援する会会員イノウエ・ジュン(63)氏など2人の日本人とハン・チルナム大韓民国傷痍軍警会道支部長など道報勳団長、犠牲者遺族など100人余りが参加した。

ホン・ヤンスク遺族会長はこの日の追悼の辞で「日帝強占時、青年や壮年が日本の地に強制的に連れて行かれて戦地で銃弾受けになり、炭坑でつらい労役に苦しんで結局、故国の地を踏むことができなかった悔しい寃魂たちがあまりにも多い」「過去の歴史を振り返って、二度とこのような不幸が繰り返されないようにしなければならない」と述べた。

イノウエ・ジュンさんは「光復の後62年が経ったが、日本政府は遺族や被害者たちに正式謝罪や補償を全然しなかった」「日本人として被害をこうむった遺族と被害者たちを助けることは当たり前です」と述べた。日帝強占期の時、23歳の年に日本の大阪地域軍需物資会社に強制的に連れて行かれたチェ・ボキュン(86)遺族会副会長は「機雷(船を爆破する装置)を作る会社に強制的に連れて行かれてつらい苦労をして、お金を一銭ももらうことができなかった」「過去11年間、日本政府と会社を相手に訴訟をしているが、これといった補償と謝罪を受けることができない」と不満を吐露した。

チェ副会長は「遺族と被害者たちのために、政府が直接乗り出して補償問題を解決しなければならない」と強調した。この日、慰霊祭の開かれた納骨堂は故キム・ギョンソク太平洋戦争韓国人犠牲者遺族会会長が1991年、日本各地に散らばっていた徴用死亡者513人の遺骨の返還を受けて、ニ億ウォンの私財をはたいて春川市立メモリアルパーク内に建立したものだ。

韓日合同慰霊祭は1994年から毎年開かれており、日本の過去事謝罪運動をしている‘在韓軍人軍属裁判を支援する会’会員たちは2001年から参加を始めた。

(訳文は2chから頂きました。)


 恥ずかしいなあ。そして実に嘆かわしい。韓国人たちが主張する怪しさ100%の被害体験やら、当時日本は総力戦の真っ最中で、朝鮮半島出身者だけに限らず、日本中がつらい状況であったことなど一切省みず、謝罪・賠償の合唱に加わるこの薄汚い根性。イノウエさんとやら、あんたこそが恥ずかしい日本人の代表だよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。