管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無理に日本軍の強制にして何になる?
  『日本軍による強制で』集団自決が起こった・・この日本軍の強制でという記述が教科書から削除された!・・ここから始まった一連の教科書検定を巡る騒動。

 沖縄では大規模な集会が開かれたり、この集会の模様を伝えたマスコミが、参加者を大幅に水増しして伝え騒ぎたて、驚いた政府が思わず対応を取ってしまったり、集会の参加者などが大挙上京し、教科書検定に『沖縄条項』なるものを追加しろと血迷ったことを要求したり・・ここ1カ月あまりの間かなり騒がしくなっておりました。

 そんな中、肝心の教科書の中身はどうなるんだろうと思っていたのですが、こんなんなってます。なにはともあれ、こちらをごらん下さい。(Nikkansportsから以下引用)

教科書会社が沖縄戦の記述訂正を申請

・沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、教科書検定審議会の検定意見を受けて日本軍の強制に関する記述を修正した教科書会社のうち1社が1日、文部科学省に訂正申請をした。関係者によると「軍の強制」を復活させる内容。一連の問題で訂正申請は初めて。

 ほかの教科書会社も近く訂正申請する方針で、文科省は申請が出そろい次第、教科書検定審議会に訂正を承認するかどうかを諮る方針。年内に結論が出る見通し。

 この問題をめぐっては、執筆者の高校教諭が自ら担当した教科書で「日本軍によって集団自決を強いられた」などの記述を盛り込んで訂正申請する考えを公表。ほかの執筆者も「強制」を明記する方針で一致している。

 2008年度から使用する高校教科書の検定で、検定審が5社7種類の教科書に対し、集団自決に軍の強制があったとする記述に修正を求める検定意見を付けた。各教科書会社は記述を削除するなどして合格。これに対し、沖縄県で検定意見の撤回を求める議会の意見書可決や県民大会が相次ぐなど、反発が強まっていた。


 なんだかなあ・・集団自決が軍の命令あるいは強制によって起こったかどうか『まだよく分からない』から、そんなことを一方的に教科書にバッチリ書くってのはどうなのよ?という話で検定意見がつき、教科書出版各社もそれに従ったのですが、結局はプロ市民どもの『感情論』作戦に流されましたか。

 さて、これで民間はプロ市民の軍門に下ったわけですが、政府にはシッカリしてもらわないと困りますよ。軍の命令によって集団自決が起こったという明確な証拠が出てくれば話は別ですが、そうでないのに感情論に押し流されたりしたら、後になって余計な面倒を抱え込む羽目になる。よーく考えてください。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。