管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中日新聞 メディアスクラムで安倍を葬る!
 ネットで選ぶ今年の流行語大賞というのがあれば、間違いなく大賞の候補になるであろう『アサヒる(関連エントリー参照)』という言葉。これは『アベする』という言葉を朝日新聞が流行語に『仕立てよう』とした時に、誕生した言葉でした。

 結果的に、この『アベする』という言葉は有名にはなりましたが、あくまでも朝日が『アサヒった』例としてのモノ。しかし朝日をはじめとするアッチ系マスコミは、安倍前首相へのイジメをやめる気がなく、未だに『アベする』という言葉を何とか定着させようと連携しているようです。こちらをごらん下さい。(中日新聞から以下引用※ソース2ch)

『「流行語大賞』はこれだ』   川北 隆雄 (編集委員)

・最近、人名の後に「する」とか「る」を付けて動詞化することが、はやっている。その中で最も流行したのは、やはり「アベする」ではないだろうか。

 これは今さら説明するまでもないだろう。首相としての「職責」にしがみつかず放棄しながら、衆院議員の「職」にはしがみつく安倍晋三前首相の無責任な行動に由来する

 この言葉が本当に「流行語」なのかどうかについては、一時、捏造疑惑も流れた。あるコラムニストがある新聞に流行語として紹介したところ、インターネット上で、「その時点ではまだ流行しておらず、コラムニストのでっち上げではないのか」という判(※ママ)が殺到したのである。

 しかし、コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らかなので、捏造ではない。つまり、捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ。

 私は、これを今年の「流行語大賞」に推薦したい。同賞を選定している自由国民社の審査委員会は、ぜひ、聞き届けてほしいものだ。

 もう一つ、人名の動詞化では、「サワジる」も面白い。これは、女優の沢尻エリカさんが出演映画のキャンペーンの際、「不機嫌でビッグな態度」を取ったことからきている。なかなか秀逸な言葉だとは思うのだが、ネットの検索エンジンで調べる限り、「アベする」に比べると、流行度は低いようだ。大賞は無理だろうから、トップテンの一つにどうか。

 どちらも記憶にとどめて、アベしたりサワジったりしないよう、戒めの言葉にしたい。

 ※中日新聞 10月30日付 夕刊コラム「一筆両談」


 おいおい、中日新聞の河北さん、あんたモノ凄くアサヒっちゃってますね。『コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らか』って断言してますけど、一般に広く使われてないから、あれだけの反発があったんだろうが。朝日とその愉快な仲間達内だけで使われている言葉を、公の場と言って欲しくないなあ。

 で、首相としての「職責」にしがみつかず放棄しながら、衆院議員の「職」にはしがみつく安倍晋三前首相の無責任な行動に由来する・・と、アベするという言葉を定義していますが、『議員の職』云々という後半部分は、例のコラムニストの記事が出たときには、誰も言ってませんでしたが何か。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。