管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新一時休止のお知らせ
 皆様おはようございます。いつも当ブログを訪問して頂き、ありがとうございます。本日は皆様にお知らせがあります。実は管理人の都合によりまして、これからおそらく1ヶ月あるいは1カ月半ほどの間、ブログの更新をお休みさせて頂こうと考えております。

 自民と民主の大連立の話が出ていたりと、これから大きく政治が動きそうな雰囲気で、政治ブロガーとしてはガッチリ食いついていきたいところでありますが、チト個人的に集中したい事柄がありまして、このように決断させて頂いた次第です。皆様にはご不便をおかけしますが、なにとぞご了承くださいませ。

 コメント、トラックバック共に、今週の水曜日を持ちまして、一旦受付を中止させて頂きます。更新再開と同時に、こちらも再開しますので、それまでしばしお待ちください。いつもコメントやトラックバックを頂く方にも、かさねてお詫び&お願い申し上げます。それでは、またお会いしましょう。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
教育の名を騙った洗脳はやめにしろ
 日本人でありながら、特アの妄想歴史認識の側に立ち、日本は韓国に対して謝罪や賠償を全然しなかったなどと抜かし、さらに『日本人として恥ずかしい』だの『嘆かわしい』だのと、わざわざ韓国に出向いてのたまう『?』な日本人の存在を昨日のエントリーで紹介しました。

 この『?』な方は現在63歳にもなられる良い大人なんですが、かなり思い込みが激しいということなのか、若いときに受けたすり込みが、よほど凄かったということなのか、おそらくその両方だと私は想像しますが、こういう恥ずかしく嘆かわしい日本人の再生産が、今も日本各地で行われているのは悲しいこと。(asahi.comから以下引用)

「慰安婦問題」同世代の目で

2007年11月02日

【高校生、15歳で被害にあった女性招き】

●「平和な未来を考えて」

太平洋戦争中、「従軍慰安婦」としての生活を強いられた女性の証言を聞く会を、県内の高校生らが3日名古屋市で開く。慰安婦問題について考える劇もある。被害にあった当時の女性と同じ世代の高校生の目線から、もう一度この問題を考えてみようと企画された。(松崎祐子)

 証言を聞く会は高校生らによる日韓の交流グループ「“ハムケ=ともに”高校生平和特派員」のメンバーが中心になって企画した。

 きっかけはハムケのメンバーが今年7月に韓国を訪問し、姜日出(カン・イルチュル)さんの話を聞いたことだ。姜さんは43年、15歳の時に自宅から連れ出され、中国長春市の慰安所で慰安婦生活をさせられたという

 代表の名古屋大学付属高校2年鈴木健介さんは、勇気を持って訴え続ける姜さんの「私が話すのはこれからの平和な未来のため。若い人たちに私と同じ思いをしてほしくない」という言葉に心を打たれた。「話を聞いて何か動かなくてはと思った。未来のための問題なのだから、多くの高校生に考えてほしいと思う」と話す。

 証言を聞く会では、姜さんが当時のことについて話す。高校生らは、証言と慰安婦問題についてわかりやすく知ってもらうために劇をする。だまされて慰安所に連れて行かれた少女の悲しみや終戦後も続く苦しみなどを、力いっぱい演じる

 メンバーらは「連れて行かれる時は」「明日死ぬかもしれない日本兵の思いは」など、登場人物の気持ちを話し合った。連行される少女を演じた東邦高校2年伊藤果歩さんは「演じるうちに気持ちが少女に近くなってきた。被害が残酷で決して遠い過去のものではないことを伝えたい」という。

 証言を聞く会は高校生ビッグフェスティバルの特別企画として、3日午前10時から、名古屋市中区の伏見ライフプラザで開かれる。問い合わせはフェスティバル実行委員会(052・881・4346)へ。


 一昔前は『日本軍が人狩りをして女性を慰安婦に仕立て上げた!』と堂々と書いていた朝日新聞ですが、最近では嘘がバレて、こういった『誰によって』が抜けた微妙な記事でお茶を濁しています。が、最後に思わず筆が滑ったのでしょうか、連行などと公権力が関与したことをにおわせる表現を使ってしまいました(笑)。苦労が絶えませんなあ、朝日の記者は。

 あ、話がそれてしまいました。アサヒったことが原因で、微妙な記事を書かざるを得ないアホの朝日のことは置いといて、本題に参りましょう。感受性の強い、言い換えればすり込みを受けやすい学生の時分に、こういった一方的な教育は危険です。ええ、あの『?』なピエロさんみたいになっちゃいますから。気の毒すぎるからやめろ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
ピエロ役は楽しいですかイノウエさん
 日本人として恥ずかしい・・こう言って特アの妄想歴史認識の側に立ち、一緒になって日本を批判する日本人がおります。日本人でありながら、日本は反省していない!なーんて高い位置から説教を垂れることが、どれほど醜い行為なのか理解できないバ○は困りモノ。(江原日報から以下引用※韓国語)


太平洋戦争で強制徴用されて悔しく死んでいった寃魂を慰める韓日合同慰霊祭
日本人の一人としてすごく恥ずかしく、なげかわしくて申し訳ありません。

太平洋戦争中、日帝治下で強制徴用されて故国に遺骨になって帰って来た被害者たちの魂を慰めるための韓日合同慰霊祭が29日、春川市立メモリアルパーク納骨堂で開かれた。太平洋戦争の韓国人犠牲者遺族会の主催で開かれたこの日の慰霊祭には在韓軍人軍属裁判を支援する会会員イノウエ・ジュン(63)氏など2人の日本人とハン・チルナム大韓民国傷痍軍警会道支部長など道報勳団長、犠牲者遺族など100人余りが参加した。

ホン・ヤンスク遺族会長はこの日の追悼の辞で「日帝強占時、青年や壮年が日本の地に強制的に連れて行かれて戦地で銃弾受けになり、炭坑でつらい労役に苦しんで結局、故国の地を踏むことができなかった悔しい寃魂たちがあまりにも多い」「過去の歴史を振り返って、二度とこのような不幸が繰り返されないようにしなければならない」と述べた。

イノウエ・ジュンさんは「光復の後62年が経ったが、日本政府は遺族や被害者たちに正式謝罪や補償を全然しなかった」「日本人として被害をこうむった遺族と被害者たちを助けることは当たり前です」と述べた。日帝強占期の時、23歳の年に日本の大阪地域軍需物資会社に強制的に連れて行かれたチェ・ボキュン(86)遺族会副会長は「機雷(船を爆破する装置)を作る会社に強制的に連れて行かれてつらい苦労をして、お金を一銭ももらうことができなかった」「過去11年間、日本政府と会社を相手に訴訟をしているが、これといった補償と謝罪を受けることができない」と不満を吐露した。

チェ副会長は「遺族と被害者たちのために、政府が直接乗り出して補償問題を解決しなければならない」と強調した。この日、慰霊祭の開かれた納骨堂は故キム・ギョンソク太平洋戦争韓国人犠牲者遺族会会長が1991年、日本各地に散らばっていた徴用死亡者513人の遺骨の返還を受けて、ニ億ウォンの私財をはたいて春川市立メモリアルパーク内に建立したものだ。

韓日合同慰霊祭は1994年から毎年開かれており、日本の過去事謝罪運動をしている‘在韓軍人軍属裁判を支援する会’会員たちは2001年から参加を始めた。

(訳文は2chから頂きました。)


 恥ずかしいなあ。そして実に嘆かわしい。韓国人たちが主張する怪しさ100%の被害体験やら、当時日本は総力戦の真っ最中で、朝鮮半島出身者だけに限らず、日本中がつらい状況であったことなど一切省みず、謝罪・賠償の合唱に加わるこの薄汚い根性。イノウエさんとやら、あんたこそが恥ずかしい日本人の代表だよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
無理に日本軍の強制にして何になる?
  『日本軍による強制で』集団自決が起こった・・この日本軍の強制でという記述が教科書から削除された!・・ここから始まった一連の教科書検定を巡る騒動。

 沖縄では大規模な集会が開かれたり、この集会の模様を伝えたマスコミが、参加者を大幅に水増しして伝え騒ぎたて、驚いた政府が思わず対応を取ってしまったり、集会の参加者などが大挙上京し、教科書検定に『沖縄条項』なるものを追加しろと血迷ったことを要求したり・・ここ1カ月あまりの間かなり騒がしくなっておりました。

 そんな中、肝心の教科書の中身はどうなるんだろうと思っていたのですが、こんなんなってます。なにはともあれ、こちらをごらん下さい。(Nikkansportsから以下引用)

教科書会社が沖縄戦の記述訂正を申請

・沖縄戦の集団自決をめぐる高校日本史の教科書検定問題で、教科書検定審議会の検定意見を受けて日本軍の強制に関する記述を修正した教科書会社のうち1社が1日、文部科学省に訂正申請をした。関係者によると「軍の強制」を復活させる内容。一連の問題で訂正申請は初めて。

 ほかの教科書会社も近く訂正申請する方針で、文科省は申請が出そろい次第、教科書検定審議会に訂正を承認するかどうかを諮る方針。年内に結論が出る見通し。

 この問題をめぐっては、執筆者の高校教諭が自ら担当した教科書で「日本軍によって集団自決を強いられた」などの記述を盛り込んで訂正申請する考えを公表。ほかの執筆者も「強制」を明記する方針で一致している。

 2008年度から使用する高校教科書の検定で、検定審が5社7種類の教科書に対し、集団自決に軍の強制があったとする記述に修正を求める検定意見を付けた。各教科書会社は記述を削除するなどして合格。これに対し、沖縄県で検定意見の撤回を求める議会の意見書可決や県民大会が相次ぐなど、反発が強まっていた。


 なんだかなあ・・集団自決が軍の命令あるいは強制によって起こったかどうか『まだよく分からない』から、そんなことを一方的に教科書にバッチリ書くってのはどうなのよ?という話で検定意見がつき、教科書出版各社もそれに従ったのですが、結局はプロ市民どもの『感情論』作戦に流されましたか。

 さて、これで民間はプロ市民の軍門に下ったわけですが、政府にはシッカリしてもらわないと困りますよ。軍の命令によって集団自決が起こったという明確な証拠が出てくれば話は別ですが、そうでないのに感情論に押し流されたりしたら、後になって余計な面倒を抱え込む羽目になる。よーく考えてください。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
中日新聞 メディアスクラムで安倍を葬る!
 ネットで選ぶ今年の流行語大賞というのがあれば、間違いなく大賞の候補になるであろう『アサヒる(関連エントリー参照)』という言葉。これは『アベする』という言葉を朝日新聞が流行語に『仕立てよう』とした時に、誕生した言葉でした。

 結果的に、この『アベする』という言葉は有名にはなりましたが、あくまでも朝日が『アサヒった』例としてのモノ。しかし朝日をはじめとするアッチ系マスコミは、安倍前首相へのイジメをやめる気がなく、未だに『アベする』という言葉を何とか定着させようと連携しているようです。こちらをごらん下さい。(中日新聞から以下引用※ソース2ch)

『「流行語大賞』はこれだ』   川北 隆雄 (編集委員)

・最近、人名の後に「する」とか「る」を付けて動詞化することが、はやっている。その中で最も流行したのは、やはり「アベする」ではないだろうか。

 これは今さら説明するまでもないだろう。首相としての「職責」にしがみつかず放棄しながら、衆院議員の「職」にはしがみつく安倍晋三前首相の無責任な行動に由来する

 この言葉が本当に「流行語」なのかどうかについては、一時、捏造疑惑も流れた。あるコラムニストがある新聞に流行語として紹介したところ、インターネット上で、「その時点ではまだ流行しておらず、コラムニストのでっち上げではないのか」という判(※ママ)が殺到したのである。

 しかし、コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らかなので、捏造ではない。つまり、捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ。

 私は、これを今年の「流行語大賞」に推薦したい。同賞を選定している自由国民社の審査委員会は、ぜひ、聞き届けてほしいものだ。

 もう一つ、人名の動詞化では、「サワジる」も面白い。これは、女優の沢尻エリカさんが出演映画のキャンペーンの際、「不機嫌でビッグな態度」を取ったことからきている。なかなか秀逸な言葉だとは思うのだが、ネットの検索エンジンで調べる限り、「アベする」に比べると、流行度は低いようだ。大賞は無理だろうから、トップテンの一つにどうか。

 どちらも記憶にとどめて、アベしたりサワジったりしないよう、戒めの言葉にしたい。

 ※中日新聞 10月30日付 夕刊コラム「一筆両談」


 おいおい、中日新聞の河北さん、あんたモノ凄くアサヒっちゃってますね。『コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らか』って断言してますけど、一般に広く使われてないから、あれだけの反発があったんだろうが。朝日とその愉快な仲間達内だけで使われている言葉を、公の場と言って欲しくないなあ。

 で、首相としての「職責」にしがみつかず放棄しながら、衆院議員の「職」にはしがみつく安倍晋三前首相の無責任な行動に由来する・・と、アベするという言葉を定義していますが、『議員の職』云々という後半部分は、例のコラムニストの記事が出たときには、誰も言ってませんでしたが何か。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。