管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金大中 何様ですかあなたは?
 現在、韓国で問題が再浮上している、韓国KCIAが日本の主権を侵害して金大中氏を拉致したという、いわゆる金大中事件。当ブログでは最近のエントリーで、何度か取り上げてまいりました。

 再浮上をしかけた側は、当時の韓国政府の関与を認めることによって、次期大統領選で優位に立っているハンナラ党にダメージを与えたいということでしたが、日本の主権を侵害したことについて、絶対に謝りたくない相手である日本に謝罪をしなければならないかもしれないというジレンマに陥っております。

 あまり派手に花火をあげると、日本からの謝罪要求までクローズアップされる・・そこで謝ってしまうと、強力なブーメランになって大ダメージを逆に受けてしまう。まさに諸刃の剣を使おうとしている現在の韓国政府でありますが、今のところ新たな情報がないので、今日は関連する話題を。事件の当事者である金大中氏が来日しているようなので、取り上げてみたいと思います。こちらをどうぞ。(聯合ニュースから以下引用)

日本の右傾化は歴史教育不足のせい、金大中氏


【京都30日聯合】金大中(キム・デジュン)前大統領は30日、「最近の日本の急激な右傾化がわれわれの気持ちを暗くさせている。憲法改正論や歴史教科書の改悪など、右傾化傾向の根本的な原因は、なによりも過去の帝国主義時代の歴史に対する教育が不足しているため」との認識を示した。

 立命館大学の招きで日本を訪問している金前大統領は、同学から名誉法学博士号の学位を授与された後に「朝鮮半島の平和と韓日関係」をテーマに講演を行った。

 この席で金前大統領は、「日本が過去に戻ることはできないという歴史認識と、改悛(かいしゅん)の態度を見せるとき、日本を安心して信じ、友人として付き合えるようになる」と強調した。その上で、歴史をしっかりと知らずにいるために反省することができず、反省をしないから謝罪や補償を行う考えが出てこないと指摘し、日本の歴史歪曲(わいきょく)と右傾化を周辺国が大きく懸念、警戒していると述べた。

 金前大統領はまた、「われわれが望むことは、過去を大きく反省し歴史教育を徹底しているドイツから日本は学ぶべきだということだ」と強調した。日本で福田新政権が発足したことについては、福田内閣が隣国に対し誠実に配慮しようとする姿を見て大きな期待を持って注視していると述べた。

 一方、北朝鮮の核問題と関連しては、北朝鮮に対する米国の姿勢変化に韓国、日本、中国、ロシアの積極的な協力が合わさり、6カ国協議は成功の道を進んでいるとし、2008年は1945年の第2次世界大戦終戦以来、63年ぶりに朝鮮半島の冷戦の残滓(ざんし)が除去され、平和が定着しはじめる画期的な年になると信じているとの考えを示した。

 また2000年の南北首脳会談を振り返り、金正日(キム・ジョンイル)総書記との会談以来、南北間には多くのことが起こり、特に北朝鮮でひそかに韓国の大衆歌謡を歌いテレビドラマを見る人が増えるなどの画期的な変化が起きていると述べた。その上で、韓国では12月に大統領選挙があるが、その結果とは関係なく、南北が和解協力の道に進んでいくだろうとの見通しを示した。


 相変わらずですねえ。しかしこんな傲慢極まりないことを『日本国内』で堂々と発言し、何もされないなんて、日本はホントに良い国(?)だなあ。もし韓国内で日本の政治家が同じようなことを言えば、大変な事になるのは間違いないですが、この人は日本をナメきってるんでしょうね。KCIAによって拉致されたあの時、そのまま(ピー※自主規制)されればよかったのに・・ちょっぴりそんな風に思ってしまいました。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。