管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社民党 選択肢がジリ貧しかないという悲劇
 たまにテレビに出てきては、内閣に変な呼び名をつけたり、妙なテンションで『???』な言説を撒き散らす社民党の福島党首。今では政党の党首というよりも、何だか見世物じみてきております。

 そんなわけで、新たな支持者を獲得できるはずもなく、もともといた一部信者の方々も、徐々にその数を減らし、党勢はジリ貧になるばかり。

 せめて世間様と対話が出来る、また世間様の空気が読める党首になる、あるいは誰かに交代する必要に迫られている福島さんですが、どうするつもりなんでしょう。こちらをごらん下さい。(NHKニュースから以下引用)

社民党は、任期満了に伴う党首選挙を来月26日に告示することにしており、今のところ、党内では、現職の福島党首の下で党組織の立て直しにあたるべきだという意見が強く、福島氏が無投票で当選する見通しとなっています。

社民党は、25日、今の福島党首の任期が来年2月で切れることを受けて、任期満了に伴う党首選挙を来月26日に告示し、12月12日から2日間、党員による投票を行ったうえで、14日に開票して党首を選出することを正式に決めました。

この党首選挙をめぐっては、現職の福島党首が、ことし8月の記者会見で、「衆議院選挙に向け、国民と行動する社民党を作り直すことに取り組みたい」と述べ、3選を目指して立候補する考えを表明しています。社民党では、さきの参議院選挙で過去最低の2議席にとどまったことを受けて、次の衆議院選挙に向け、いたずらに党内の対立を生まずに、福島氏の下で党組織の立て直しにあたるべきだという意見が強まっており、福島氏が無投票で当選する見通しとなっています。

福島氏は、平成15年11月に土井前党首が辞任したことを受けて党首に就任し、現在、2期目です。


 えーっと、これなんて密室政治?福島さんは確か、先の自民党の総裁選の時に、全派閥がなだれをうったように福田支持に回ったことを指して、密室だ談合だなどと批判していませんでしたか?批判した相手の自民党は、麻生氏が対立候補として立候補し、なかなかの存在感を見せ付けましたが、社民党は無投票ですかそうですか。

 まあ、福島さんの他にそこそこ名前が売れているのが、デリヘル@又市と詐欺@辻元しかいないので、仕方ないのかもしれませんが、こんな風に再選されるんなら、二度と密室だ談合だと与党を批判してはいけませんよ。うーん、しかし社民党ってのは人材が居ないんですねえ。どう考えてもジリ貧にしかならない人をトップにすえるしかないなんて。ちょっと気の毒(嘘)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。