管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 だからお前らのは妄想だってば
 日韓併合に反対だった伊藤博文日本国初代総理大臣を殺した、単なるテロリストを『英雄』として崇める韓国。歴史に『IF』は禁物だと言われますが、もし伊藤閣下の暗殺が無かったとしたら、日本と韓国を巡る歴史は違ったものになっていたかもしれません。

 具体的には、日韓併合には至らず、日本にさせてもらった独立をそのまま保てたかもしれない。が、そういったことを考えもせず、日本の初代総理大臣を殺害したというだけで、ホルホルしてしまうのが彼ら。

 ただホルホルしているだけなら、まだ『バカだなあ』と思うくらいで済みますが、『伊藤博文を殺した安重根は英雄』という『キ印』認識を日本にも押し付けてくるのが困りモノ。またぞろ何やらキチ○イじみたことを言ってる輩がいるようです。こちらをごらん下さい。(韓国日報から以下引用※韓国語)

中国ハルビン(哈爾濱)駅で安重根義士が暗殺した伊藤博文を追慕するため、日本で発行されたはがきが公開された。

安重根義士崇慕会が安義士義挙98周年(26日)に合わせて公開したはがきは、日本の郵政局が1910年代発行したもので、ハルビン駅構内の全景を載せている。はがきには伊藤の暗殺を「遭難」(航海などで災難に会うこと)と表記、追慕の意味をはっきりと明らかにしており、五人の男が駅のプラットホームに立って伊藤博文の被殺地点を示している。

安重根義士崇慕会関係者は「侵略の元凶を審判したことを、まるで英雄の崇高な死のように美化するため、日本で記念はがきまで発行したという事実に怒りを隠すことができない。日本の侵略根性を広く知らせるために、このはがきを公開した。」と明らかにした。

一方、崇慕会は全国雄弁大会(26日、安重根義士記念館)、特別写真展示会(11月1~3日、漢陽大)、記念音楽会(11月2日、瑞草文化芸術会館)など多様な追悼行事を開く。

(訳文は2chから頂きました。)


 阿呆ですねえ。実にアホだ。侵略の元凶を審判した?これこそが美化だと思うんですけど。というかね、日本の初代総理大臣を暗殺しておいて、皆殺しにならなかっただけでも有難い話なんですけどね。それが斜め上にも追慕する記念切手を発行しただけで『日本の侵略根性』がどうのですからね。もう相手にしてられんわ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。