管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国が日本に謝罪する?
 誠意ある態度を見せろ!謝罪しろ!賠償しろ!・・何かあると、いや何はなくとも日本に対して居丈高にこれらの決まり文句を叫ぶ韓国。これまで、訳も分からず日本は韓国に謝り続けてきましたが、謝罪と賠償の大合唱の声は、大きくなるばかり。

 これだけ相手に対して、誠意だの謝罪だのを求めるのだから、もし自分達が過ちを犯した場合は、さぞや素晴らしい対応をするのかと申せばさにあらず、大抵は問題の極小化につとめた後、開き直って逆切れ、誰かに責任転嫁で終了~という流れが常である韓国。

 相手の非は責めまくるけれども、自分達は決して非を認めないというのがデフォの韓国ですが、何だか槍でも降ってきそうなニュースを発見しましたので、紹介したいと思います。こちらをごらん下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

金大中事件、韓国が日本に24日陳謝

 韓国の情報機関である国家情報院が、1973年8月に都内のホテルで発生した当時の野党指導者、金大中氏(前大統領)の拉致事件に関して「中央情報部(KCIA=同院の前身)が主導的に関与した」と初めて公式に認めたことが23日分かった。韓国政府は「日本の主権を侵害していた」として柳明桓(ユ・ミョンファン)駐日大使が24日に木村仁外務副大臣と会い、経緯を説明して陳謝する。

 日韓関係筋が明らかにした。国家情報院の「過去事件真相究明委員会」は24日、これらを明記した最終調査報告を発表する。同事件は時効が中断中のため、日本政府は韓国側の説明を受け、捜査当局が事実関係などを確認する考えだ。(07:00)


 韓国が日本に陳謝ですって。珍しいことがあるものですねえ。まあただ、彼らの行動パターンその1『問題の極小化につとめる』に見えますが。本来であれば、金大中氏の拉致は、北朝鮮による日本人拉致と同じくバリバリの『国家主権侵害』ですから、駐日大使による陳謝で終わらせるような事柄ではない。

 ここで日本がちょっとでも『十分ではない。大統領の謝罪が必要』などとやり返してくれれば、面白いことになると思うのですが、今の福田首相はやらないでしょうねえ。むしろ快く陳謝を受け入れたりしそう。そうなると、今度は韓国側に『我々は日本が納得する誠意をみせた。なのに日本は我々を納得させる誠意を見せてない。謝罪しろ!』などという材料に使われる予感が・・


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。