管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 イッてる人達のスピーカー
 箸が転げても可笑しい年頃・・なんて言葉がございますが、箸が転げても『軍靴の音が聞こえる・憲法改悪に繋がる』などと騒ぐ変わった生き物が、日本には少数ながら生息しております。

 少数とは言いましても、政界、マスコミ、教育界、また労組や市民団体など、かなり目立つ場所に集中して生息しているので、存在は実数以上に多く感じられます。

 本日のエントリーで紹介しますのは、労組、市民団体とマスコミによる仲間内コラボレーション。こちらをごらん下さい。(asahi.comから以下引用)


武装自衛官、商店街をパレード 長崎・佐世保

2007年10月20日21時29分

 長崎県佐世保市の中心部にあるアーケード街で20日、自動小銃や軽機関銃を携えた迷彩服姿の陸上自衛隊員約180人がパレードした。同市にある相浦駐屯地の創立記念行事の一環で、商店街での武装行進は05年以来2回目。労組などからは「軍事行動を誇示し、市民生活を威圧するものだ」という批判も出た。

 パレードは午前11時半に始まった。同駐屯地に司令部を置く西部方面普通科連隊の隊員が約1キロ行進した。

 パレードは同連隊創設直後の02年に始まったが、その時は武器は携行しなかった。しかし、03年から「陸自の真の姿を見てもらい、理解と信頼を深めたい」と近くの国道を武装して行進するようになり、05年に商店街に場所を移した。

 佐世保地区労や市民団体は集会を開き、「平和な市民生活を脅かす」と抗議した。一方で、パレードを見物していた市民からは手を振って激励する姿も見られた。

 一方、この日は鹿児島県薩摩川内市内の国道3号でも、戦車や装甲車など約60車両が約1キロをパレードした。陸自川内駐屯地の創立22周年の記念行事の一環という。

 
 自衛隊は国民を守るために存在しているんですが、彼らには全く違って見えるようです。『軍事行動を誇示し、市民生活を威圧するものだ』なんて、イッちゃってるとしか思えないわけですが、こんな声を喜んで新聞にのせる輩がいるので、いつまで経っても『イッてる』ことに気付けない。一体どこの新聞だ全く・・って朝日新聞か納得。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。