管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それじゃ河野洋平と同じですよ中山さん
 先の大戦末期、沖縄で起こった集団自決を巡って、軍による命令があったのか否か・・これまで教科書の記述では『あった』とされていたものの、それを否定する話が出てきたために、教科書の記述から消えた・・ここから始まった大騒動を当ブログでは追ってまいりました。

 沖縄では大規模な集会が開かれたり、大規模な陳情団を結成して東京に乗り込み、政府に『軍命令による集団自決』という記述の復活を求めたり、かなりの大攻勢をしかけてきておりますが、それに屈したのでしょうか、意外な人物がこんなことを言い出しております。こちらをごらん下さい。(東京新聞から以下引用)

軍の命令、強制あった 集団自決で中山元文科相

2007年10月17日 12時29分

 自民党有志でつくる「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」会長の中山成彬元文部科学相は17日午前、沖縄戦での集団自決に関して旧日本軍の強制の記述が教科書検定で削除された問題で「軍の命令、強制は当然あったと思う。沖縄戦について、国会議員も国民もあまりに知らなさ過ぎる」と述べ、記述回復を図る動きに理解を示した。党本部で開いた同会役員会後に記者団に述べた。

 役員会では、集団自決に関する検証小委員会(萩生田光一委員長)を設置、今月中に初会合を開き、生存者や研究者を招いて聞き取りを進めることを決めた。

 同時に、教科書検定制度は堅持すべきとの立場を確認、近く首相官邸や文科省に申し入れを行うことを決めた。
(共同)


 共同ソースかあ・・飛ばしの可能性が無いわけではないですが、ここでは本当に言ったという前提で話を進めます。中山さんと言えば、従軍慰安婦問題で先頭に立って『否定』に回っていたお方ですが、集団自決問題への認識の『仕方』が、あったと『思う』ってのはチトおかしい。これじゃ従軍慰安婦問題では、軍による人狩りがあったに『違いない』とか言ってる連中と同じですよ。

 あったとされていた集団自決。これには『軍の命令があった』という証拠が存在したのですが、実はこの証拠そのものが後になって、『軍の命令があったことにすれば、補償などを受けやすいから』という理由で、あったことにしたんだ、という話が出てきた。つまり証拠から否定されたわけだ。

 ここからさらに軍による命令によって集団自決があったということにしようとすれば、新たな証拠を出すか、否定された話を覆す説明が出来なければならない。が、誰もそんなことはしてない。ただ騒いでるだけ。あったと『思う』という思い込みでね。おかしい、と気付いて欲しいなあ、中山さんには。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 


関連エントリー1:集団自決 これも広義の強制とか言い出すわけ?
関連エントリー2:あなた達も永遠の被害者でいたいのですか?
関連エントリー3:やっぱプリンシプルって大事だよなあ
関連エントリー4:プロ市民ファシズムで覆われる沖縄
関連エントリー5:アッチ系はコワイコワイ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。