管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 小泉が憎くて憎くてしかたない
 先日行われたボクシング世界タイトルマッチ内藤VS亀田戦絡みのコラムにて、突然強引に小泉元首相の批判を絡ませてくるという離れ業を見せてくれた東京新聞。

 このコラムを紹介したのは、たった数日前のことなのですが、なんとまたしても同コラムにて、無茶なこじ付けで小泉批判を展開しているようです。今回は何と絡ませてくるのでしょうか。こちらをごらん下さい。(東京新聞から以下引用)


筆洗

2007年10月17日

 作家の井上ひさしさんは揮毫(きごう)を頼まれると、「むずかしいことをやさしく/やさしいことをふかく/ふかいことをゆかいに/ゆかいなことをまじめに書くこと」とよく記す。この極意は日々の実践の集大成になる。特に大事なのは最初の二行だという

 ▼世の中の動き、人の心は複雑で難しい。まずは分かりやすく伝える。次の段階で本質に迫り、深く考えていく。メディアの使命でもあるが、実践することは簡単ではない。自戒を込めて書くと、「やさしく」を単純化、娯楽化と解する傾向がある 

 ▼時代が要求しているともいえる。昨日の朝刊・政治特集面では、キャラクターの調査研究などをしている会社の相原博之社長が「アニメ的な世界にどっぷりつかって育った若者たちは、複雑な現実より単純化したキャラにリアリティーや親近感を感じている」と指摘していた

 ▼若者だけではない。小泉純一郎元首相のワンフレーズに、多くの人が拍手喝采(かっさい)したことは記憶に新しい。小泉改革に反対する政治家は「抵抗勢力」というキャラと化した

 ▼参院選で自民党が惨敗するまで、改革の陰に光が当たらなかった一因である。大相撲の横綱朝青龍関やボクシングの亀田一家の騒動も、キャラのせいで組織の体質など、問題の本質が見えにくくなっている。メディアの責任は重い

 ▼新聞週間が始まっている。井上さんは、新聞はもっと知恵を伝えるべきだという。「ふかく」と同様の意味だろう。世の中が一方的に、熱狂的に動くとき、待ったをかけるための極意であると、心に刻んでいる


 今度はアニメ好きの若者と絡ませてきましたか・・キャラ化がどうとか言ってますが、そういう東京新聞さん自身が、小泉元首相やら今の若者について、キャラ化して単純に理解してませんかね?マスコミ・・特にアッチ系は『決め付け』が大好きですもんねえ。人のことをどうのこうの言えるのかと。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:東京新聞 どんなときもいつまでも小泉批判 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。