管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 テロリストを支援しちゃいました
 人の命は地球より重い・・などと言って航空機ハイジャック犯を逃がし、ついでに身代金をくれてやり、さらにはテロリストも釈放して、その後テロリストが暴れまわるなど、結果的に世界中に迷惑をかけた日本の首相がその昔おりました。

 その人は福田首相のお父上であらせられる福田赳夫氏ですが、この事件をきっかけにして、世界では『絶対テロに屈してはならない』というのが共通認識となりました。ところが、まだ中には妙な人達がいるもので、同じ愚を繰り返し、世界に大迷惑をかけた国があるようです。こちらをごらん下さい。(朝鮮日報から以下引用)

アフガン拉致:タリバン、韓国側の身代金で武器購入=英紙
米英駐留軍に大規模攻勢

14日付英紙デーリー・テレグラフ(日曜版)は、韓国政府がアフガニスタンで起きた韓国人拉致事件の人質釈放と引き換えに身代金1000万ドル(約 11億7540万円)を支払い、イスラム原理主義勢力タリバンがこの資金で武器を購入し、1カ月余りにわたり駐留米英軍に大規模攻勢をかけていると報じた。

 同紙は、アフガニスタン国境に近いパキスタンのキラアブドラ村にあるタリバンのアジトで、アフガニスタン南部におけるタリバンの最高司令官、ムラ・マンスル氏の密使3人から得た情報だとしている。今回の報道で、韓国政府の事件解決方法をめぐる国際的な論争が再び加熱しそうだ

 同紙の取材に応じたタリバン兵士(30)は、韓国政府はタリバンが人質12人を釈放した日に700万ドル(約8億2280万円)、残る人質を解放した8月31日(実際には30日)の直後に300万ドル(約3億5260万円)支払ったと証言した上で、「資金はわれわれに最低1年間以上にわたり使用する武器と弾薬を与えた神の恵みだ」と話したという。

 タリバンは韓国政府が支払った身代金により、アフガニスタンに駐留する米英両軍をはじめとする多国籍軍に対し、「ヌスラット(勝利)作戦」と呼ばれる大規模攻勢をかけることが可能になったとしている。

 タリバンはまた、韓国政府の身代金が、米英やアフガニスタン国内で自爆テロを起こす「殉教者」3000人を訓練するためにも使われていると説明した。しかし、在英韓国大使館はタリバン側との同紙インタビューについて、「(身代金支払い説は)タリバンがつくりだしたうそだ」と否定したという。

崔賢黙(チェ・ヒョンムク)記者


 あららら・・これはまた大事になってますねえ。こうしてまたアフガンの平和は遠のくわけですね。罪深いなあ、目先の問題解決を優先した結果、同盟国の兵士に大勢の戦死者が出るわけですが、その辺りはどう考えてるんでしょう。もう払ってません!なんて嘘は通用せんぞ。

 まあ、韓国は『お花畑脳』の人が大統領ですから、それとこれとは別だ!なんていい出しそう・・いや、『そもそも米国がアフガンにいることが云々』なんて逆切れするかもしれませんね。まったく、お花畑脳が権力を握ると、ロクことにならんな実際。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。