管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 どんなときもいつまでも小泉批判
 一地方紙のコラムながら、その電波出力の強さから時に朝日新聞を超える存在感を示す東京新聞のコラム『筆洗』。当ブログでは、何度かこの筆洗を取り上げてまいりました。

 中でも、管理人の記憶に強く残っているのが、ワールドベースボールクラシック(WBC)絡みのコラムの中に、突然、小泉首相、麻生外相(いずれも当時)への批判を挿入したモノ(関連エントリー1を参照)。

 本日のエントリーで紹介しますのは、おそらく同じ人が書いたんじゃないかと思われますが、またしてもスポーツと小泉元首相を絡ませた電波でございます。こちらをごらん下さい。(東京新聞から以下引用)

筆洗

2007年10月13日

 英語の「ヒール」は「かかと」だが、プロレス業界では悪玉レスラーを指す。戦後、“卑劣なジャップ”役を演じて、全米にその悪名をとどろかせたグレート東郷の謎多き人生は、森達也著『悪役レスラーは笑う』(岩波新書)に詳しい

 ▼たかだか十八歳の“悪ガキ”が、三十三歳の“苦労人”世界チャンピオンを“ゴキブリ”呼ばわりし、「負けたら切腹や」と大言壮語して、大差で判定負けした。十一日夜のボクシングWBC世界フライ級タイトル戦中継に、溜飲(りゅういん)を下げたファンは多かろう

 ▼挑戦者は悪名高い亀田三兄弟の二男、大毅選手。最後は悔し紛れからか、内藤大助チャンピオンにプロレス技のボディースラムをかけて投げ飛ばした。文字通り「ヒール」を演じてみせたのだからできすぎだ。興行的には大成功で、瞬間視聴率で40%以上(関西地区)を稼いだTBSは、ほくそ笑んだことだろう

 ▼だが、ちょっと気掛かりなのは、正義役を振られた内藤王者が「“国民”の期待に応えられました」と、コメントしてみせたこと。ヒールを立てて熱狂しやすいこの国で、小泉煽動(せんどう)政治の怖さを体験したばかりだから、なおのことだ 

 ▼自分が倒したタイの前チャンピオンとの実力比較より、12回保った少年の潜在能力と将来性をもっと称(たた)えてやれば、さらにかっこよかった。斜陽のボクシング業界のためにもなる
 
▼ 亀田兄弟も、ヒール役のすごみは実力に裏打ちされてこそと思い知るべきだ。やたらに悪がはびこる時代だが、国民の目も肥えてきていることを忘れないよう


 この人はよっぽど小泉元首相が憎かったんでしょうか(笑)?まだ記憶には新しいですが、小泉さんは二代前の首相ですよ?タイムリーな話題と掛け合わせるには、チトずれているような気がするんですが。というか、そもそも掛け合わせるような接点がないと思うわけです。無理ヤリすぎる。

 このように、ありとあらゆる機会を捉えて、自分達の敵を潰すために読者へのすり込みを行う東京新聞ですが、コラムの最後の一文は、そっくりそのままお返ししておきましょうか。あのな、お前らの薄汚い魂胆なんて、こちとらとっくにお見通しなんだよ。やたらにマスゴミがはびこる時代だが、国民の目も肥えてきていることを忘れるな。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:東京新聞 『東アジアの関係が悪いのは全て小泉&麻生のせい』
関連エントリー2:東京新聞 こんなコラム載せちゃって大丈夫なの?
関連エントリー3:安倍降ろしに成功して嬉しいですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。