管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
加藤よ、外交をお前らに託したわけじゃないぞ
 先月末、自民党の総裁選に勝利し、自民党総裁となり首相に就任した福田首相。タカ派と呼ばれたお父上とは違って、ハト派というカテゴリーに属すると思われる福田首相ですが、福田政権誕生によって、これまで自民党内では冷や飯を食っていたハト派の面々が元気を取り戻しつつあるようです。

 自民党のハト派とは、簡単に言ってしまえば事なかれ主義の特ア宥和派というほどの意味ですが、その代表格である加藤紘一氏が、何やら特アに出向いて吼えているようです。こちらをごらん下さい。(中央日報から以下引用)

「日本国民、小泉式外交に嫌気…韓日外交建設的に変化するだろう」

「南北首脳会談を前後して盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領と福田康夫日本首相が電話通話をし、朝日関係改善案を論議しているので、韓日間外交関係は非常に建設的で弾力的に変わると思っています」--。

ソウル大国際大学院の招請で訪韓した加藤紘一元自民党幹事長(68)は14日「日本政治の変化とアジア外交」というテーマの講演で南北首脳会談前後の韓日首脳間のエピソードを紹介した。加藤氏は「会談直前、福田首相が直接、盧大統領に電話をかけ『北朝鮮との関係改善のために努力するという日本政府の意中を金正日(キム・ジョンイル)国防委員長に伝えてくれ』と要請し、北朝鮮に行ってきた盧大統領が福田首相に電話で会談内容を説明した」と話した。

加藤氏は「福田首相が靖国神社参拝をしないと宣言したこと自体が過去、小泉純一郎、安倍晋三政権とは差別化した外交政策を駆使するということだ」とし、対北朝鮮関係でも日本人拉致問題が先行されなければならないという安倍首相とは違い、拉致問題と朝日関係正常化交渉を同時に進行するという意を明らかにしている」と伝えた。

加藤元幹事長は安倍首相の後任に福田内閣が決まった理由に対し「日本国民が“治癒の政治”を望んだから」と話した。過去6年間「構造改革」の連続だった小泉政権と「価値観の外交」を掲げた安倍政権を経験した日本国民は、今後、安定を望んだということなのだ。加藤氏は「小泉式構造改革は社会格差を深め、周辺国とのぎくしゃくした外交関係は日本に良くない結果をもたらすということを日本国民が悟った」と述べた

加藤元幹事長は「過去、中国の小平氏が日本との尖角列島問題を次の世代に任せようと言ったが、歴史問題では時間をかけて遠い未来を見ながら判断することが重要だ」とし「福田政権がこうした賢明な判断の下、周辺国との外交政策を推進していくだろう」と見通した。


パク・ソヨン記者


 こいつは・・いつどこの誰が小泉・安倍首相の外交路線がダメだと悟ったって?ったく、勝手に決め付けてんじゃねーよ。格差云々というのは、国民はよく耳にして判断材料のひとつとしたでしょうが、福田首相の外交政策が良さそうだから支持する、ってのはあんまり聞かんぞ。

 で、福田首相が盧武鉉大統領と電話で話して云々、将軍様に伝言を頼んで云々と誇らしげに語っている加藤氏ですが、将軍様側からどんな反応が返ってきたのか、知らないんですかね?『拉致した日本人はもういない(中日)』って言ってるんですけど。将軍様じきじきに『終結宣言』ですよ。これが何かプラスになるのか?むしろ後退することになるんじゃないのか。

 あのな加藤よ、相手がこんな態度のままで、国交正常化を平行して進めていくなんて話は、あり得ないんだよ。結局、拉致問題は一ミリも前に進まず、国交正常化の話『だけ』進んで金・モノを毟られるのは目に見えてる。それが国民の一番恐れていることなんだが。分かってんのか?分かってねえんだろうなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。