管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱプリンシプルって大事だよなあ
 沖縄の集団自決の教科書記述を巡った騒動。ここ数日、連続してエントリーにて取り上げてまいりましたが、本日もこの話題で行ってみたいと思います。(ご覧になってない方は、まず関連エントリーをどうぞ。)

 昨日のエントリーでは、11万人!などとセンセーショナルに伝えられた抗議集会の模様に動揺したのか、政府が原則を曲げたように『見える』形で、文科省に記述の再検討を命じ、好機と捉えた抗議者が『沖縄条項(要は配慮しろということ)』なるものを教科書検定に導入しろと政府に詰め寄った・・こんなニュースを紹介しました。

 どうやら集会の参加人数は、主催者発表よりも、か・な・り少なかったようで、政府の対応は勇み足だったと言わざるを得ませんが、こうした政府の対応が、さらなる面倒を抱え込むことになりそうです。『あの国』から、こんな声があがっています。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

取材日記>教科書問題 日本の二重基準

♯1.2005年4月7日、日本の町村信孝外相は向かい合って座った潘基文(バン・キムン)韓国外交部長官から激しく抗議を受けた。当時、扶桑社の中学校歴史・公民教科書の独島(ドクト、日本名・竹島)関連部分が検定の結果、「韓国が不法占拠している竹島」という表現で記述されたからだ。 また「従軍慰安婦」表記はすべての教科書から消えた。

町村外相は潘長官の追及に「日本の教科書検定過程は韓国と違う。 一連の過程を経た個別の記述については、政府が削除や修正を要求したり修正したりすることはできない」と言って対抗した。

その数日後に日本を訪れた韓国国会議員団に対しても「ご存知ないようですが、(修正が)できなくなっているシステム」と短く語った。さらに日本外務省のホームページに「日本教科書検定制度」というコーナーを設け、親切にも英語・ハングル・中国語の翻訳版まで付けた。専門家で構成された教科書検定調査審議会が下した判断に政治は介入できない、というのが主な内容だった。結局、韓国の修正要求は1件も受け入れなかった。

♯2.2007年10月1日、日本政府の町村官房長官が記者会見場に現れた。太平洋戦争末期の沖縄戦で日本軍が住民に集団自決を強要したという内容が高校教科書検定過程で削除されたことについて、沖縄県民11万人が先月29日に抗議大会を開き、怒りを爆発させた直後だった。彼は「関係者の工夫と努力と知恵があり得るかもしれない」とし「(修正)検討を文部科学省(文科省)に指示した」と述べた。すると、文部科学相も「沖縄県民の気持ちを受け止め、何ができるか選択肢を検討したい」と述べた。日本政府は各教科書出版社に訂正申請をさせ、これを受け入れるという便法で「日本軍が集団自殺強要」表記を復活させる方針だ。

日本政府が2005年の教科書波紋当時に‘盾’とした検定制度はその間、一行も変わっていない。 にもかかわらず日本政府が今回の沖縄の件では自ら‘不可能’と主張してきた政治介入に動くという自己矛盾に陥った。

沖縄の‘票’が重要なのは理解できる。 しかし日本政府は、韓国に対しても‘日本固有の検定制度’云々という軽薄な言い訳が通用しなくなることも悟らなければならない。 教科書検定制度関連の英語・中国語版説明を読んだ全世界のネチズンに対しても同じことだ。

金玄基(キム・ヒョンギ)東京特派員


 二重基準・・韓国の要求は受け入れなかった・・いや、そもそも君達は『日本人』ではないし、韓国は『日本』ではないのだから、日本の教科書検定制度を云々する前に、日本の教科書にケチをつけること自体がおかしいのだよ。とまあ、通常のツッコミを入れてみましたが、彼らに理解できるとは思えないので、それは置いといて、これから起こることについて考えてみたいと思います。

 彼らは日本と韓国が違う国である、と認識出来ない時があって、まるで自国政府に対するように、日本に対して要求を繰り返すことは、皆様ご承知の通りであります。となると、結果的に沖縄側の抗議が通って教科書の記述が元に戻れば、じゃあ俺達も!ということで、またぞろ好き勝手言い出すのは目に見えてる。

 なにがどうあれ、彼らが好き勝手なことを言うのは、いつもの事だというツッコミが入りそうですが(笑)、問題は現在の政府が原則を貫けないんじゃないかということ。福田首相が国会で『沖縄の皆様の感情を考慮して(要約)』云々といって、抗議の声への対応を明言しておりましたから、韓国から猛烈な抗議の声が巻き起これば、外国であるということを無視して、対応してしまいかねない。となると・・・orz


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 


関連エントリー1:集団自決 これも広義の強制とか言い出すわけ?
関連エントリー2:あなた達も永遠の被害者でいたいのですか? 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。