管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮 いつもながらの呆れた惚けっぷり
 拉致問題は解決済みだ!・・こう言い張って開き直っている北朝鮮。実際は解決というには程遠いにもほどがあるわけなんですが、北朝鮮はなかなか態度を変えません。

 それどころか、米国が強硬姿勢を引っ込め、日本では対北朝鮮強硬派の安倍首相に代わって、総連関係者から金を貰っていた福田氏が首相になった現在、調子にのってこんな事を言い出す輩が出てきてます。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

拉致問題は「架空の誘拐事件」 北朝鮮外務次官

2007年10月03日12時09分

 北朝鮮の崔守憲(チェ・スホン)外務次官は2日、国連総会の一般討論で演説し、日本と米国を名指しして「敵視政策」の解除を要求した。一方、平壌での北朝鮮と韓国の南北首脳会談については、「平和と共栄、統一に向けた新しい段階を開く上で重大な意義がある」と歓迎した。

 崔外務次官は日本について、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を「抹殺しようとする試み」などが、両国関係の「最悪の状態」を招いたと強調。改憲によって自衛隊を「先制攻撃を任務とする正規軍に転換しようとしている」と警戒感を示した

 崔氏は演説後、新華社通信など一部メディアの取材に応じ、拉致問題について「架空の誘拐事件に国際社会の目を向けさせ、過去の清算をないがしろにしようとの日本の策略だ」と非難した


 これはまた酷いキチ○イですね。拉致問題が架空の誘拐事件??この人はここ数年、収容所にでも居たんですかね。あのね崔さんとやら、拉致問題はお宅の将軍様自らがその存在を『認め』、一部の拉致被害者を実際に日本に引渡してますけど。あ、もしかして記憶喪失にでもなったのかな?

 まあ冗談はさておき、崔さんとやらは、これ以上はいないとでも言いたいんでしょうが、将軍様が拉致問題の存在を認める前も、架空だの妄言だの何とかの謀略だのと散々パラ喚いていたのを覚えてますから、全くもって信じられません。つーかグダグダとクダラナイこと言ってないで、さっさと拉致被害者返せよ。

 福田首相が相手なら、揺さぶりまくれば拉致問題を置き去りにして国交正常化を先行させられると踏んで、最近は色んな事を言い始めてるようだが、そんなこと国民は絶対に許さない。もし福田首相が国交正常化ありきの行動に出れば、すさまじい非難の嵐が巻き起こる。というか、巻き起こしてやる。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。