管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
集団自決 これも広義の強制とか言い出すわけ?
 沖縄で起こった集団自決は軍の命令によるものか否か・・教科書検定の動きを巡って今、世間が騒がしくなっているようです。先日、沖縄では教科書から『(日本あるいは日本軍が)集団自決を強制した』という記述が削除されたことで、大規模な抗議集会が開かれました。

 主催者発表で、11万人もの人が参加した集会だったそうですが(アッチ系の動員がかかっていて、純粋な県民がどれだけいるのかは不明)、なにかこう・・何もかもがズレているような気がしたので、エントリーにしてみます。

 まず、集団自決を強制されたという記述が教科書から削除されたことって、そんなに怒ることなのかと。確かではない事を教科書に載せるということ自体、本来はおかしなことなので、もとを正せば南京事件や従軍慰安婦問題と同じく、載せるべきではなかった。これを本来の姿にしただけなのでは?(なのに政府は抗議を受けて、文科省に『再検討』を指示したそうな(読売)・・orz)

 で、この集会の模様を伝えている東京新聞の記事には、集会で採択された決議が紹介されていますが、その内容は『集団自決に軍が関与したことは明らかで、記述削除は歴史の歪曲(わいきょく)だ(東京新聞)』というもの。ん?関与?命令ではないのですか?

 命令があった!→関与があった!・・なんだかどこかでみたような流れですが、どうして『関与』などという話になっているかと言うと、集団自決で亡くなった人達の遺族と、沖縄にいた日本軍の将校が『命令があったということにすれば、補償等を受けやすいから』という話に最近になって光があたり、軍命令説が揺らいだからなんですね。そしてこれが検定意見がつく根拠にもなってる。

 集団自決が起こったのは事実でしょう。民間人が持っているはずのない手榴弾で自決した事もあったようなので、軍というか軍人が手榴弾を譲るなどして関与したことも事実でしょう。しかし国あるいは軍の意思として、民間人も軍人と共に自決する道を選べと『命令』したのかと言えば、これはわからない。

 軍が民間人にまで自決を強制した・・こういった構図は確かに酷く聞こえる。しかし『あったことにしよう』という話が真実であったとするならば、ひどく悲しいけれども優しさのこもった話になる。どちらを取るかで、受け取り手の印象は随分と違ったものになってきます。

 悪い方に取ったのが、いわゆるサヨク達(当ブログではアッチ系と呼んでいる方々)。で、問題なのは悪い方に取っただけでは飽き足らず、大嫌いな日本を非難・攻撃するための道具として延々と使い続けていること。私がこいつらを許せないのは、実際に攻め込んできて猛烈な攻撃をしかけてきた米軍には何もいわずに、日本の非ばかりを極大化して騒いでること。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。