管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調整型は破滅を招くかも?
 安倍首相の突然の辞任によって、先日、棚からぼた餅のごとく首相の座を手に入れた福田首相。71歳というご高齢・・これは奇しくも父である故・福田赳夫氏が首相に就任した年齢と同じだそうです。

 そんな福田首相が昨日、就任後初めてとなる所信表明演説を行いました。参院を民主党に取られ、初めから難局に立たされている福田首相。『調整型』といわれるスタイルが、吉と出るか凶と出るか。

 案の定、所信表明演説では、野党との協調を前面に打ち出した福田首相(読売)。しかし『あの』野党共が素直に応じるとはとても思えない。特に民主はとにかく政局に持ち込みたい一心で『何が何でも反対』をしかけてくるでしょうから、福田首相は難しい対応を迫られることになるでしょう。

 散々パラ野党に振り回されて、結局は何もかもがグダグダになるような気がしてなりませんが、こいつらに対しても振り回されてグダグダになるようではいけません。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用※韓国語)

朝鮮総聯、国連に「日本政府の弾圧」調査要請

在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総聯)代表団が今月24日に国連人権理事会第6次会議に参加して、日本政府の朝鮮総聯・在日同胞に対する「人権蹂躙行為」の調査を要請した、と朝鮮中央放送が30日報道した。

朝鮮総聯は、ジュネーブの国連ヨーロッパ本部で開かれた会議で配布した演説文の中で、「在日朝鮮人は、かつて日本帝国主義者によって強制に連行された人々とその子孫であり、植民地統治の被害者だ」としたうえで、「日本政府の北朝鮮に対する敵視政策によって、いま再び被害に遭っている」と主張した。

朝鮮総聯は、「日本政府は、現在の日本に醸成されている在日朝鮮人への差別状況に対する責任を負わねばならない。国連人権理事会が在日朝鮮人に対する人権蹂躙の状況を調査し、差別政策を直ちに中止するよう日本政府に警告することを、強く要請する」と表明した。

朝鮮総聯はまた、「在日朝鮮人に対する日本政府の敵視的・差別的態度のため、朝鮮総聯に対するテロ行為や生徒たちへの暴行事件が継続的に起きている」と主張した。

更に朝鮮総聯は、「共和国(北朝鮮)国籍を持っているという理由で差別と抑圧を受けている。日本政府の指示に従って多くの地方自治体が、過去数十年間租税を免除されてきた総聯関連施設に固定資産税を賦課している」と付け加えた。

(訳文は2chから頂きました。)


 ほらほらさっそくゴネだしてる。総裁選の時に気になって仕方なかったのが、福田氏の『北朝鮮との国交正常化』が云々という話。今までは拉致問題の解決なくして国交正常化は『ありえない』という立場だった日本ですが、福田氏の話は国交正常化ありきにしか聞こえなかった。

 こういう『隙』をこいつらは絶対に見逃さない。国交正常化したいなら締め付けをやめろ!と騒ぎ出すのは、目に見えてる。ここで『調整型』とやらの本領を発揮されたら、拉致被害者は戻ってこないわ、せっかく窒息寸前まで追い込んでた総連は息を吹き返すわ、経済協力金名目で北朝鮮に兆単位の金を毟られるわ、という事になる。福田首相よ、そんなことは絶対に許さんからな。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。