管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし米国大統領が暗殺されたら~
 えー、本日は最近では珍しく二本目のエントリーをアップいたします。と言いますのも、これまた珍しく映画の宣伝なんかをしちゃおうかと思った次第でありまして。

 先日、ある映画配給会社から十月に日本で公開される一本の映画の告知を依頼されました。英国発の作品で邦題は『大統領暗殺』。このタイトルだけを見ると、そう珍しくない印象を受けますが、内容が衝撃的かつ考えさせられるモノだったので、他人様の商業宣伝はしないというスタンスを曲げて紹介することにしました。

 もともとの邦題は大統領暗殺ではなくて、なんと『ブッシュ暗殺』というド真ん中直球。ええ、そうです映画の中で実際に本物のブッシュ米国大統領が暗殺されてしまうという設定になっております。邦題、そして内容があまりに直球すぎて邦題の変更や、日本に先だって公開された国々では上映中止を余儀なくされたところが続出するという、いわくつきの映画でございます。

 ひねくれ者の私なんぞは、こういったすったもんだがあったというだけで興味を惹かれてしまうのですが(笑)、映画の中身はなかなか考えさせれられるものでした。もし米国大統領が暗殺されたら・・犯人と『された』のが日本人だとしたら・・その時の米国の政権が日本を敵視していたら・・米国はどう動き、また日本に対して、どのようなアクションを起こしてくるだろうか・・

 誤解があるといけないので補足しておきますが、映画の中で日本人が犯人として出てくるわけではありませんし、またブッシュ政権は日本を敵視していないので、日本の『に』の字も出てきやしません。が、将来的な話としては無いと断言出来ない。9・11テロの後に米国で繰り広げられた光景が再度、さらに威力を増して米国内で繰り広げられ、対外的には戦争への機運も高まる。『対象』に日本を当てはめてみると・・

 一度この『対象』になったことがある日本の国民としては、他人事ではありません。米国民○党には未だに日本を敵視もとい警戒している(大体が親中派)人達がいると聞いておりますし、ジャパンパッシングとやらをやらかしたクリ○トンさんの奥様が次の大統領になるかもしれない、なんて恐ろしい話も非現実的なものではない。

 世界第一位と第二位の経済大国同士が全面戦争、前のような総力戦をやるかといえば、ちょっと考えられない。しかし何らかの『化学反応』が起こるのは間違いないわけで、その時に日本はどうすれば良いんだろう、またそうなる前に何か手をうっとかないといけないのではないか・・こんな事を考えております。答えはまだ見つからないけれども・・

 この映画は、ゴリゴリの反米人士に『ブッシュが殺された!ざまあみろ!』などとオ○ニーさせるだけではもったいない。まあ、そういう悪趣味の方もいるでしょうし、どういう見方をするかはそれぞれの自由ですが、国際政治に興味がある方は是非ご覧になっては如何かと。公開は十月六日。映画『大統領暗殺』公式HPはこちら

映画『大統領暗殺』公式サイト



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
韓国 反日という袋小路
 日本の海外侵略の最初の標的は朝鮮である!!・・自衛隊が沖縄にF-15を配備したという『だけ』で、日本が海外に打って出るとビクビクし、ありとあらゆる現実を無視して『また侵略される』などと妄想を爆発させていた朝鮮総連の機関紙である朝鮮新報の記事を、昨日のエントリーで紹介しました。

 全日本から『んなわけねーだろ!』というツッコミが入ること必定のこの妄想電波ですが、半島に住まう人々にとって、日本がまたやって来るというのは、まるで決定事項であるかのように認識されているようです。今回のエントリーでは、これと同じような話が韓国から聞こえてきたので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用※韓国語)

張誠:「韓半島大運河は、日本の軍事戦略家らの宿願」

大統領選挙出馬を宣言した張誠(チャン・ソンミン)元議員は28日、ハンナラ党の李明博(イ・ミョンバク)大統領選挙候補の韓半島大運河公約再検討発言に関連して、「大運河は経済的にも無謀なプロジェクトなうえ、安保上でも日本の韓半島上陸にカーペットを敷いてやる大災厄プロジェクトだ。李候補は自分の大運河プロジェクトを大統領就任後に見直すというが、国民の前で即刻廃止すると発表しなければならない」と述べた。

金大中政権の初代国政状況室長を務めたチャン元議員は28日、自分のホームページで、「李候補の大運河は新たな巨大土地投機政策であり、国民経済を殺すプロジェクトであることが明らかになった。大運河は盧武鉉大統領の地方均衡政策と同様に不動産投機を誘発するであろう」と主張した。<中略>

特にチャン元議員は、「大運河は、海戦に強い日本が日帝強占期に韓半島占領を容易にするために釜山から建設する計画を建てた失敗した計画の一つだ。ひょっとして李候補は日本生まれだから、こんな日本の韓半島拠点準備戦略にカーペットを敷いてやっているのではなかろうか」と述べた。

チャン元議員は、「国家安保戦略上、大運河は、日本の韓半島上陸を大いに有利にしようという日本の軍事戦略家らの宿願、夢なのだ」としたうえで、「安保に関する知識が全く無くて、国土開発が周辺諸国に戦略的に悪用される可能性がないかを
考慮すらできなかった李候補のような人間がこの国の大統領に当選したら、これは直ちに我が国の安保・経済上の大災厄となるだろう」と述べた。

李明博候補は、28日午前にMBCテレビで放映された政綱政策演説の中で、「一部国民が心配しておられることから、ハンナラ党が政権をとったら国内外の世界的な技術・環境専門家たちの目で(大運河プロジェクトを)再検討してもらおうと思う」と語った。

しかし李候補は同時に、「韓半島大運河は、未来のことを考えれば誰が政権をとったとしても遂行せねばならない未来事業だ」と強調した。

(訳文は2chから頂きました。)


 安保上でも日本の韓半島上陸にカーペットを敷いてやる大災厄プロジェクトだ・・うーん、一体どこからどう見ればこんな話になるのか、全くもって理解不能でありますが、ここからさらに政敵攻撃に繋げていくのはスゴイですね。あり得ない話をもとに、韓国では社会的な死を意味する『親日派』のレッテルをはって追い落とそうとしてる。

 李明博氏は、今のところ次期大統領に一番近い人物だと目されていますが、日本出身という出自を問題視されたりして、これからこの手の攻撃を受け続けるんでしょう。で、ご本人は『親日派』ではないことを証明するために、過激な反日に走る、と。まあ、どの道、誰が大統領になっても、あの国は反日だということですね(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。