管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安倍首相会見 野党の反応は何だこれ
 先日、突然の辞任表明を行い、日本中を驚かせた安倍首相。所信表明演説から数日という、あまりに唐突だった辞任表明に、管理人も動揺を隠せませんでした。

 23日、安倍首相(自民党総裁)の後継を決める自民党総裁選が行われ、福田氏が総裁として選ばれましたが、交代を前に安倍首相が会見を開きました。こちらをご覧下さい。(中日新聞から以下引用)

退陣「体力の限界」 国政停滞を陳謝 安倍首相、病院で会見

安倍晋三首相は二十四日午後、入院先の慶応大学病院(東京・信濃町)で記者会見し、自らの退陣表明について「所信表明演説直後の最悪のタイミングになってしまった。与野党関係者、国民に多大な迷惑をかけたことを、深くおわびする」と、国政の停滞を招いたことを陳謝した。

 また、退陣の理由については「この一カ月間、体調が悪化し続け、体力の限界を感じるに至った。首相として責任を全うし続けることはできないと決断した」と、健康問題が最大の要因だったことを明らかにした。

 首相は十二日の記者会見で、退陣理由に、海上自衛隊によるインド洋での給油活動継続に向けて「局面の転換」を図ることを挙げ、健康問題に言及していなかった。この点について、首相は「首相が在職中に体調について述べるべきではないと考えた。最大の要因の健康問題について率直に話すべきだった」と釈明した。

 首相臨時代理を置かなかった理由に関し、「法律にのっとり、職務に支障を来すかどうかという判断の上、置かなかった」と説明した。

 今後については「一人の国会議員として引き続き力を尽くしていきたい」と議員辞職を否定し、次期衆院選にも立候補する意向を明らかにした

 一方、自民党総裁選に立候補した麻生太郎前幹事長が安倍首相を退陣に追い込んだとの一部報道については「クーデター説という事実は存在しない」と否定した


 そうですか・・健康問題が最大の要因だったんですね。辞任表明直後のエントリーで私は、かなりきつい言葉を安倍さんに対してぶつけましたが、やつれきった姿をみて、今は申し訳なかったと思っています。どうかしばらくは養生に専念してください。お疲れ様でした本当に。

 さて、ここでエントリーを終わっても良いのですが、チト見逃せない記事がございまして、それはこの安倍首相の会見にかみついた野党の反応でございます。こちらをどうぞ。(福島民報から以下引用)

退陣会見との矛盾指摘 野党、首相の説明に

 野党各党は24日、安倍晋三首相が記者会見で退陣の最大の理由として健康問題を挙げたことに関し、体調不良への理解を示した上で、先の退陣表明会見との矛盾を厳しく指摘した。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は、首相が小沢一郎民主党代表への会談申し込みの前に辞任の決意を固めていたと発言したことに「(党首会談が実現しないことを理由とした)退陣会見は何だったのか。健康問題があっても、うそをついてはいけない。民主党に迷惑が掛かっている」と批判。「記者会見を見て精神的に参っているとの印象だ。危機管理上、臨時首相代理を置くべきだった」と強調した。

 共産党の穀田恵二国対委員長は、首相が退陣会見でインド洋での給油活動継続のために辞任して局面転換を図ると説明していたことに触れ「本当の理由をごまかしたということになる」と指摘。社民党の福島瑞穂党首も「首相の発言が矛盾している。正直に国民に語っているとは思えず、がっかりした。辞任の時期と辞め方を間違った」との認識を示した。いずれも共同通信の取材に答えた。


 お前らは人としてどうなのかと一晩中問い詰めてみたい。民主党に迷惑がかかった?お前らは安倍首相の辞任がお望みだったんじゃないのか。辞任する前は辞めろ辞めろの大合唱。辞めたら辞めたで文句ばかり。安倍さんが病をおしてまで臨んだ最後の会見へもケチをつける。水に落ちた犬は死ぬまで叩けですか。一体のどこの国の政治家なんでしょうねえ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。