管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田新総裁誕生ですかそうですか
 昨日行われた自民党の総裁選。麻生幹事長と福田元官房長官との間で争われた今回の総裁選で、総裁の椅子を獲得したのは、大方の予想通り福田元官房長官でした。

 一方、大方の予想とは大きく違ったのが麻生氏の得票数。安倍首相を嵌めたという『クーデター説』が流され、一時は大打撃を受けていた麻生氏でしたが、前回の総裁選で獲得した票数を大きく上回る197票を獲得する大善戦。

 自身の派閥以外全ての派閥が福田支持を打ち出す中で、降りることなく最後まで戦い抜いた麻生氏。街頭演説に立てば麻生コールが巻き起こり、討論会に出ればムニャムニャと何を喋ってるのか皆目分からない福田氏を圧倒し、十分すぎるほどの存在感を発揮。

 麻生ファンの管理人としては、負けたことは残念だけれども、良い戦いっぷりを見せてくれたのは嬉しかったですし、麻生氏をますます好きになりましたが、福田氏が自民党総裁になり日本の首相になるという『現実』を目の前にすると、そんな気分は吹き飛んでしまう。

 まずは党役員人事。幹事長に伊吹氏・・微妙。政調会長に谷垣氏・・総務会長に二階氏を起用するなど、自身と同じく媚中派でかため、選対の長には何と古賀氏を起用。最悪です。小泉→安倍時代に、せっかく野中一派の力を削ってきたのに、これでまたぞろ力を取り戻すことになる。

 こういった布陣を見ると、人権擁護法案、外国人参政権など、売国法案が続々しかもスムースに(売国法案については、民主党がなぜか何でも反対をしないため)通ってしまう恐れがある。靖国神社の代替としての国立追悼施設建設も進みそうで嫌だ。どさくさにまぎれて、これらの事を実行しようとしたら、絶対に許さんぞ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。