管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 政権交代のためなら国連軽視
 国連決議に基づいてない!国連決議に基づいてない!!・・テロ特措法延長に断固反対する民主党が盾にしているこの言葉。実際には、国連決議に基づいてないと断言は出来ない自衛隊の活動ですが、視野の狭い民主党にはどうにも理解できない様子。

 それじゃあということで、政府は国連に働きかけて『新たな決議』を出してもらうべく動いていたそうなんですが、どうやら問題となっている海上阻止行動にも言及がされた新決議が出るそうな。

 さあこれで困ったのは民主党。金科玉条のごとく叫びまくっていた『国連決議に基づいてない!』という理由は、これで使えなくなる。この報を受けた民主党はどうするのか。反応が出ているようなので紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(NHKニュースから以下引用※リンク切れの場合→2ch)


民主 新決議でも給油継続反対

民主党の鳩山幹事長は、記者団に対し、海上自衛隊の給油活動を評価する文言を盛り込んだ、新たな国連決議が採択される見通しとなったことに関連して、「決議がないまま、自衛隊は派遣されており、今、決議がなされても、順序が逆だ」と述べ、給油活動の継続に反対する方針に変わりはないという考えを示しました。

インド洋での海上自衛隊による給油活動に関連して、国連の安全保障理事会は、こうした活動を「評価する」趣旨の文言を盛り込んだ新たな決議を近く採択する見通しです。これについて鳩山幹事長は、記者団に対し「決議があることは必要条件であって、十分条件とは思っていない。むしろ戦争によって、テロが拡大している現実をどうとらえるかが重要であり、対テロ戦争に参加している日本のあり方自体を見直さなければならない」と述べました。

そのうえで鳩山氏は「もともと国連決議がないまま、自衛隊が派遣されており、事務的に決議ができても、順序が逆ではないか。それによって民主党が結論を大きく変えることにはならない」と述べ、給油活動の継続に反対する方針に変わりはないという考えを示しました。


 ほう、十分条件ではないんですかそうですか。対テロ戦争に参加している日本のあり方自体を見直さなければならないんですかそうですか。それならなぜ最初からそう言わないんですかね。バカの一つ覚えのように国連決議が!国連決議が!と喚き散らしていたのはどこの誰なのか。

 というか、テロとの戦いになんて参加したくねえ!と言ってるんですかこれ?かなりの爆弾発言だと思うんですが、鳩山さんは頭大丈夫ですか?国連決議が新たに出たとしても、本心は参加したくないからテロ特措法延長には反対・・うーん、おかしいなあ。民主党は代表自ら国連重視、国際協調を打ち出してるんですが、一体何をどうしたいんでしょう。

 ええ、分かってますとも(笑)。ただ単に自民の反対を行きたいだけ。本当は国連決議なんて屁とも思っちゃいねえ。とにかく国会を空転させて政治に混乱を引き起こし、何としても早期の総選挙に持ち込みたい。ただそれだけ。ただそれだけです。それによって日米関係または国際社会の目がどうなろうとも知ったこっちゃない。これが民主党という政党です。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。